押し入れを活用したデスクスペース

ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

12
「Stay at Home NEIGHBORS.」

居酒屋でお酒を飲みながらグチをこぼしたり、用もないのにフラフラとショッピングモールを歩き回ったりするのが難しい、今。
だけど暮らしに制限があるこの自粛期間にだって、充実した時間を過ごせるかもしれない。

何かをガマンするのではなく、自分にとっていちばん身近な“暮らし”を整え、“家”と向き合うための時間にできたら。
ROOMIEでは部屋づくりの達人であるネイバーズ(=「みんなの部屋」出演者)に、家時間を充実させるための心得を聞きました。

日野市・小針さんの場合

インテリアコーディネーターが住む3DKの団地

Photographed by tsubottlee

お名前(職業):小針さん (STYLICS インテリアコーディネーター)
場所:東京都日野市
面積:3DK 42.9㎡
家賃:6.5万
築年数:築38年
住宅の形態:賃貸マンション

小針さんのおうちの詳細はこちら↓

今、自宅で一番長くいる場所はどこですか?

3DKの団地ソファスペース

写真提供:小針さん(以下同じ)

休日はほぼソファの上です。
陽が一番入り込む場所なので、ずっと部屋にいても暗い気分になりません。

ここに座って映画を見たり、友人とビデオチャットをして過ごしています。

自宅で仕事や作業をするために心がけていることはありますか?

押し入れを活用したデスクスペース

仕事は、押入れをデスク代わりにして、基本的にはそこで行うようにしています。

お昼を食べる時だけ、ダイニングやソファ側に移動して、1時間しっかり休憩。

仕事場所をちゃんと決めることで、オンとオフを切り替えています。

家ごもりのなかで役立った家具・アイテムを教えて下さい。

家ごもりのおとものスピーカー

スピーカーとspotifyプレミアム。
家で過ごす時間が増えて、音楽を流すことが多くなりました。

好きな音楽を流しながら家事をしたり、作業をしていると自然と気分が上向きになるのを感じます。

spotifyは新しい音楽に出会えるのも魅力的だなと思います。

家ごもり中、リラックスするためにやっていることや工夫があれば教えて下さい。

お菓子と雑誌でブレイクタイム

休日の前の日に好きなお菓子や飲み物を買って、それをおともに読書をしたり映画を観たりしています。

家ごもりするまでは使う機会が少なかったコーヒーミルも最近は出番が増えて、自分でドリップしてコーヒーを楽しんでいます。

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking