SUMA-KIYO

SUMA-KIYO

7

#stayhome 家ごもりを楽しもう!
ルーミーは「おうち時間」を快適に過ごす
おすすめアイテムやノウハウをシェアしています。

ちょっと飲み物を置いたり作業したりと、あると便利なミニテーブル。

だけど、組み立てるのが面倒で結局使わなくなってしまうことも往々にしてあります。

組み立ていらず、開くだけで完成

SOTOのフィールドポッパー

SOTO「フィールドポッパー」4,800円(税別)

SOTOから発売されている「フィールドポッパー」は、そんな問題を解決してくれるA4サイズのミニテーブル。

一番の特徴は、組み立てがほぼ不要なこと。

SOTOのフィールドポッパーを組み立てるイメージ

二つ折りの状態から、ぱっと開くだけのワンアクションで完成!

しっかりとしたアルミ素材でできてるので、簡易的なテーブルにありがちなたわみや歪みもありません。

収納も一瞬で

SOTOのフィールドポッパーの裏側

この綿密に計算されたギミックが、男心をくすぐります。

SOTOのフィールドポッパーを折りたたんだイメージ

もちろん使用後も、あっという間に二つ折りの状態に戻せちゃいます。

スノーピークのOZEN

軽量に特化しているスノーピークの「OZEN」

他のメーカーからも同じようなアイテムは発売されていて、僕もいくつか使ってきたひとりですが、せっかく持っていっても、組み立てるのが面倒で使わずじまいなこともあったりして。

SOTOのフィールドポッパーの収納袋

収納袋も付属

でも、これなら組み立てや収納の手間が省けて、気軽に使うことができるんです。

アウトドアだけでなく、今の時期はおうちやベランダ、庭で使うのにもいいかも。

おうちでアウトドアのイメトレ

SOTOのフィールドポッパーに物を置いたイメージ

出かけられるようになるまでは、おうちでアウトドアの予行練習なんていうのも意外といいもの。

ちょっとしたハイキングで使うときはこんな感じかな。

耐荷重は3kgまでとなっているので、いろいろ載せても大丈夫そうです。

SOTOのフィールドポッパーに物を置いたイメージ

ジェットボイルと珈琲ドリップパック

荷物を軽くしたい登山ではこんな感じ。

大きさは幅297×奥行210×高さ78mmで、ひとりで使うにもサブテーブルとして使うにもちょうどいいサイズ感。

SOTOのフィールドポッパーの端の部分

よ〜く見ると、端の部分に転落防止の加工を発見。

テントの中で飲み物をこぼしたりすると大惨事になるので、ちょっとしたことですが、この工夫はリアルに役に立ちます。

使える日が待ち遠しいな

SOTOのフィールドポッパー

重量が395gとやや重めなので登山では贅沢品になるけど、しっかりとしたミニテーブルがひとつあるとかなり便利。

山行のレベルに合わせて持っていこうかな〜と、今から思案中です。

SOTOのフィールドポッパー

家であれこれ想定して遊んでいると、ワクワクしてきますね。実践投入できる日が待ち遠しいです。

ワンアクションで組み立てられるSOTOの「フィールドポッパー」、今後アウトドアに挑戦しようと思っている方はぜひチェックしてみてくださいね。

フィールドホッパー[SOTO]

あわせて読みたい:


SUMA-KIYO

写真と筋トレが趣味のロッククライマー。 山道具の機能美に取り憑かれている。 こだわりのある「ホンモノ」だけを紹介します。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking