Bon-Masu

Bon-Masu

2

#stayhome 家ごもりを楽しもう!
ルーミーは「おうち時間」を快適に過ごす
おすすめアイテムやノウハウをシェアしています。

コーヒーが好きな私は、ペーパードリップなら寝ぼけていてもバッチリ抽出できます。

しかし、ボーッと淹れることを許さないやること盛りだくさんの抽出方法があります。

それはエアロプレス

まるでF1のピット作業のような、秒刻みの工程を楽しんでみませんか。

もちろん、出来上がりのコーヒーは極上ですよ。

エアロプレスとは

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー 6,890円(税込)

2005年に発売されたツールです。

コーヒーの抽出方法としては比較的新しいのですが、発売から15年、好きな人には知られた存在です。

おもちゃのような、実験道具のような見た目がすでに楽しそうですよね。

空気圧を利用して素早く濾過するため、スッキリとしたコーヒーが味わえます

「こんなフレーバーが隠れていたのか!」と、感じるくらい香り豊かで華やかなコーヒーが味わえます。

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー

ハムスターの家?

この大型の注射器か水鉄砲のようなモノがエアロプレスのメインパーツです。

あそびゴコロが刺激されますよね。

準備は入念に

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー

エアロプレスでコーヒーを抽出する際の必需品はストップウォッチとスケール

コーヒー豆は極細挽きがオススメです。

抽出に使うお湯の温度は90〜95度で、300cc程準備して、さて始めましょう。

上の写真のようにお湯とコーヒーを入れるスペースを開けた状態で、スケールに本体を立てます。

そして挽いたコーヒー20g入れます。

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー

私のミルはmax20gなのでバッチリです

ここからは秒刻みの工程

写真撮影用に、途中で止めてしまうとコーヒーが台無しになってしまうので、中断せずに1分30秒の作業をしながら撮影します。

スケールを0に設定して、ストップウォッチをスタート!

1分30秒の作業スタート

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー

0:00、お湯を100cc投入して、攪拌します。

設定したスケールが100gになればOK、素早く正確な分量を計りましょう。

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー

攪拌用のヘラが付属しています。

0:30、攪拌をストップ。

そしてお湯を100cc追加。

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー

紙製のフィルターをお湯で濡らして、フタに貼り付けて本体にセットします。

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー

1:00、本体の上下を逆にして、ポットの上にセット。

それではプレス開始

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー

30秒使ってゆっくりとプランジャーを押します。

しっかり力を入れて水鉄砲の用量で押し込んであげましょう。

1:30、抽出終了。

プランジャーを最後まで押し切ります。

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー

ここにお湯を90cc加水するのがスタンダード。

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー

加水の量や湯温はお好みで調整してくださいね。

でき上がったコーヒーは

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー

この方式だと、コーヒーオイルもしっかり抽出されるとありますが、その程度の差ではありません。

ペーパードリップで入れた時と同じコーヒーとは思えない程の差が出ます。

もちろん嗜好品なので、好みの問題ではあるのですが、豆の奥に隠れていたフレーバーが出てくる感じです

例えば、スピーカーを替えてみたら、「こんな音も入ってたんだ」と、いつもの曲が違う印象になったりする、まさにそんな感じですね。

難点は、輸入品のため供給が安定していません、買い難い時があります。

私が購入したのは2012年です、当時は1タイプのみでしたが今はいくつかバリエーションがあるようです。

ゆとりがある時のイベントとして

ハイマウント エアロプレスコーヒーメーカー

最近、プランジャー中に、愛用のコーヒーミル(ポーレックス)がすっぽり収まることを発見しました。

効率的なパッキングができるので、そのうちアウトドアに持ち出します

いまはおウチで、1分30秒の修練

抽出後の後片付けは少し手間なので、毎朝はちょっと無理ですが、時間的に余裕がある時のイベントとして楽しんで使う存在です。

そして、でき上がったコーヒーは抜群です、おうち時間のお供にいかがでしょう。

新しいコーヒー豆をプレゼントされたり、購入したりした時にその豆の味や香りを探るためにも使います。

少し工夫すると極上のアイスコーヒーも作れますよ、みなさんもエアロプレスを楽しんでみませんか。

あわせて読みたい:


Bon-Masu

盆栽を人に教える仕事をしています、家でも庭にいることが多いです。 休日は釣りに登山、気ままにアウトドアを嗜んでいます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking