ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

28

テレワークが導入され、自宅で仕事をする機会が増えた人も多いのではないでしょうか?

ひとまずダイニングテーブルの片隅に作業スペースを確保したのはいいけれど、それでは仕事の効率とモチベーションを維持するのは大変です。

そこで、今あらためて見直したいのがデスク環境

部屋のスペースにあうサイズ展開インテリアを損なわないデザイン性配線まわりのゴチャつきもすっきりさせてくれるデスクがあれば、言うことなしですよね。

テレワーカーの「欲しい」がつまった理想的なデスクって?

デスク環境の見直しを考えたとき、選択肢に加えたいのが通販ブランドのディノスから発売されている配線すっきり幅オーダーデスク

その名のとおり、テレワークにいそしむ多くの人が抱えがちな配線やサイズの悩みを、見事にクリアしてくれるスグレモノです。

このアイテムが持つ様々な魅力を、早速探ってみましょう。

魅力1:「あと1cm」で悩まない。横幅1cm単位でオーダー

配線すっきり幅オーダーデスク」の最大の特徴は、60~150cmの間であればデスクの横幅が1cm単位でオーダーできる細やかさ。

造り付けさながらで、「あと1cmスリムなら入ったのに……」「微妙な隙間が生まれてしまった……」というジレンマを招きません。

無駄な主張のないスマートなデザインですが、きちんと引き出しもついているので書類や文具、ノートパソコンなどの収納場所も確保できますよ。

DIYでデスクは作れても、引き出しまで作り込むのはなかなか面倒ですし、強度に不安が残ります。

その点、このデスクは熟練の家具職人がひとつずつ丁寧に仕上げているので安心して使えそうですね。

魅力2:同じシリーズのアイテムで揃えれば、統一感がアップ!

キャビネット」や「デスク横チェスト」といったプラスアルファのアイテムたちが、同じシリーズとして用意されているのもうれしいポイントです。

もちろんどれも1cm単位のオーダーに対応しているので、部屋の広さにとらわれない自由自在の組み合わせを堪能しましょう。

いくつかを組み合わせてコックピットのような本格的なデスク環境を整えることもできますし、デスクやチェストを離して置いても自然な統一感が生まれます。

また、「デスク下チェスト」や「プリンターを置けるワゴン」といった細かいリクエストにも応えてくれるラインナップも。

こちらは40cm幅とサイズは変えられませんが、キャスターつきでスムーズな移動が可能。ローボードとしても活用できそうです。

魅力3:頭を悩ませる“配線問題”をスッキリ解決!

インテリア好きの大敵である“配線問題”を解決するディテールも、このデスクのこだわり。

背面には電源タップを収納するスペースがあり、側板には配線穴があるのでコードを横から通せます。また、天板には配線用のカキコミが用意されているので、コード自体をすっきりと収納してくれます。

この配慮が、デスクだけではなくキャビネットやデスク横チェストにも施されているのはすごいですね。

見た目もさることながら、配線コードが絡まるストレスも解決してくれるというわけです。

魅力4:カラー展開は豊富な6色。空間づくりが楽しくなる

そして、家具を選ぶ際の楽しみとなるのが、豊富に用意されたカラーバリエーション

配線すっきり幅オーダーデスク」をはじめとしたこのシリーズには、「ホワイト(光沢あり)」「ライトアッシュ」「ナチュラルオーク」「ウォルナット」「ダークオーク」「ホワイトシカモア(WEB限定色)」の6つものカラーが用意されています。

清潔感があり、どんなお部屋にもすっきりなじむ「ホワイト」は美しい光沢があるので、スタイリッシュさが持ち味に。明るい「ライトアッシュ」はナチュラルな北欧風のインテリアとの相性もいいですね。

家に仕事机を置くと“オフィス感”が主張されてしまいそうですが、このシリーズなら他のインテリアにあったカラーが選べるので、自分の好みの空間づくりが楽しめるはずです。

仕事と暮らしの充実を叶える万能デスクを選んでみては?

家で多くの時間を過ごす今だからこそ、こだわりたい毎日の暮らし。

「自分好みのテイストの家具に囲まれて、居心地のいい空間で過ごしたい」という思いも大切にしたいものです。

スペースに取り入れやすく配線問題もクリアしてくれる「配線すっきり幅オーダーデスク」を住まいに迎えれば、仕事がはかどることはもちろん、暮らしの充実ももたらしてくれることでしょう。


Sponsored by ディノス

配線すっきり幅オーダーデスク
幅オーダーキャビネット
幅オーダーデスク横チェスト
デスク下チェスト
プリンターワゴン
[ディノス]

画像提供:ディノス
text by 大森りえ

ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking