ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

「Stay at Home NEIGHBORS.」

居酒屋でお酒を飲みながらグチをこぼしたり、用もないのにフラフラとショッピングモールを歩き回ったりするのが難しい、今。
だけど暮らしに制限があるこの自粛期間にだって、充実した時間を過ごせるかもしれない。

何かをガマンするのではなく、自分にとっていちばん身近な“暮らし”を整え、“家”と向き合うための時間にできたら。
ROOMIEでは部屋づくりの達人であるネイバーズ(=「みんなの部屋」出演者)に、家時間を充実させるための心得を聞きました。

文京区・野村さん一家の場合

Photographed by Kenya Chiba

名前:野村恒司さん、可奈さん、咲良(さら)ちゃん
職業:ゼネコンでの建築設計(恒司さん)、都市計画コンサルタント(可奈さん)
場所:東京都文京区
面積:80㎡ 2LDK
物件購入額:非公開
築年数:築10年

今、自宅で一番長くいる場所はどこですか?

リビングダイニングとテラス

写真提供:野村さん

「リビングダイニング+テラスです。
リビングで子どもとお絵かきしたり、テラスにシートを敷いてお昼ごはんを食べたり……。
幸い気候がいいので、内外を一体的に使って過ごしています

PCはダイニングテーブルの一角に常にセットして、隙を見てメール返信などしています……(笑)」(可奈さん)

自宅で仕事や作業をするために心がけていることはありますか?

ダイニングの仕事スペース

「子どもがいない在宅勤務をしていた時は、仕事に集中する間は作業スペース(ダイニングテーブルの一角)から出ないようにしています!
そこを出るのは、キリがついた際の休憩タイム、とメリハリをつけるように。

また、web会議のときは、背景が夫こだわりの斜め板貼りの壁になるようにしています(笑)」(可奈さん)

家ごもりのなかで役立った家具・アイテムを教えて下さい。

リビングで子供と過ごすおうち時間

「これまであまり使っていなかったアウトドアグッズです。
子どもが退屈してしまうので、テラスにシートを敷いたり、上階のサブリビングにテントを出したりしています。

あと、ロール紙もよかったです。長く出して使えるので、子どもも自由にお絵描きできて楽しんでいます」(可奈さん)

家ごもり中、リラックスするためにやっていることや工夫があれば教えて下さい。

屋上で過ごすおうち時間

テラスに出る、屋上に出る!
外の風に当たるだけで、かなり気分も変わります。
ストライダーを出して、子どもと一緒に身体を動かしています。

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

毎日のストレスを賢く減らすことを目指すROOMIE。そんなROOMIEの記事を日々扱う編集部員たちが、快適に自分らしく暮らすためのアイテムやスタイルを共有していきます。

special

世界中が家ごもりに入った今、「おうち時間」にまつわるストレスはつきません。こうした悩みにお洒落で快適な部屋暮らしのエキスパートであるルーミー編集部と仲間たちが、おすすめアイテムのレビューやティップスを通して解答していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking