ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

11

#stayhome 家ごもりを楽しもう!
ルーミーは「おうち時間」を快適に過ごす
おすすめアイテムやノウハウをシェアしています。



長いおうち時間を楽しく過ごすために、Amazon PrimeにもNetflixにも入会したし、Fire TV Stickも購入した。

あとはプロジェクターのように大画面で動画鑑賞できれば、完璧な“おうち充”なんだよな~。

ただ、プロジェクターって種類がありすぎて何を買えばいいのかわからないし、ケーブルが複雑なものは接続が面倒くさい……。

小型で携帯性抜群

プロジェクター全体写真

だけど、当時コイツがいたらそんなことなかったんだけどな。そう、『ASUS ZenBeam E1』。

長辺わずか10cm。本当に小さい。そして小さいから軽い。

リビングでも、寝室の天井でも、なんだったらトイレの壁でも、どこでもスクリーンになっちゃいます。

電源ケーブル不要でスッキリ

普通のプロジェクターを準備すると、

DVDプレイヤー用意して
hdmiケーブルでつないで
プレイヤーの電源ケーブル繋いで
プロジェクターの電源もつながなきゃ

あぁ………なんて面倒臭い……!

ZenBeam E1バッテリー内蔵で、最大5時間動きます。

映画くらいなら内臓バッテリーだけで観れるので、PCとHDMIケーブルが一本あれば足りちゃいます。

Fire TV Stickとの相性が抜群

Fire TV Stick装着

HDMI端子を差して使う、amazon Fire TV Stick

テレビでamazonプライムやyoutubeを見られる素敵なガジェットですが、これと相性が抜群。

写真の通り、プロジェクターとUSBケーブルで繋ぐだけで、Fire TV Stickも電源不要で使えちゃうんです。

これなら電源の全くないサバンナのど真ん中でも、大画面で映画が見れちゃうんですよ。文明開化!

残念なところ:明るさが低い

部屋に映し出す写真

投影する光が強いプロジェクターは周囲が明るくてもよく見えます。

ただ、ZenBeam E1は光が弱めです。

使う時はしっかり暗くしないと見づらいですね。

ただその分排熱や駆動音は控えめですし、大画面の映画は暗いところで見たい派なので、僕はあんまり気にしていません。

楽しめるのはおうちだけじゃない!

外で映している写真

みんなでアウトドアを楽しめる頃には、ぜひこのプロジェクターもつれていきたいところ。

キャンプ場で、焚火を囲んでお酒でも飲みながら、テントをスクリーンにして映画を見る。

妄想しているだけでも胸が弾みます。

小さいから荷物にもなりませんし、カメラの三脚に取り付けられるネジ穴がついています。

三脚があれば高さや角度を場所を選ばず調整できるんです。

1台あるだけでインドアでもアウトドアでも特別感を味わえる!

手軽に出し入れできるコンパクトさも兼ね備えてるので、ZenBeam E1。本当にオススメです!

※本記事は2018年5月28日の記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by oh!ga

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking