SUMA-KIYO

SUMA-KIYO

4

テレワークの普及で、今後はPCやタブレットなどを持ち運ぶ機会が増えそうな予感。

僕が愛用しているバックパックは、そんなシーンにも対応できそうな高機能なバックパックです。

PCを全方位から守る

IncaseのCity Backpack

Incase「City Backpack」22,000円(税込)

1997年に米国で誕生した、バッグ&ケースブランドのIncase(インケース)。

パソコンなどのガジェット収納アイテムに特化しており、Apple社も公認のブランドです。

この「City Backpack」というモデルは、複数のデバイスを持ち運ぶのにぴったりのバックパックです。

IncaseのCity Backpackのメインコンパートメント

背中側は、16インチまでのノートPCを入れることのできるメインコンパートメント。

IncaseのCity Backpackの裏地

360度施された厚手のクッションと起毛した裏地で、ガジェットをしっかり保護してくれます。

IncaseのCity BackpackにPCを入れるイメージ

僕は13インチのMacBook Airを入れていますが、「持ち歩いて壊れたらどうしよう」という不安を解消できました。

IncaseのCity Backpackに水筒を入れるイメージ

もちろんガジェットだけでなく、カメラや水筒、薄手のジャケットも入ってしまうほどの余裕の容量。

買い物など普段使いはもちろん、日帰りの旅行や出張などにも使えそうです。

豊富なポケットでスッキリ収納

IncaseのCity Backpackのサブコンパートメント

サブコンパートメントには、整理整頓しやすいポケットが6個も。

財布・小銭入れ・名刺入れ・カードケース・モバイルバッテリーなどの必需品を、バッグインバッグを使わなくてもスッキリ収納することができますよ。

IncaseのCity Backpackのフロントパネル

さらに、外側のフロントパネルには、iPadなどを収納できる保護材付きのタブレットコンパートメントも装備。

ペンホルダーも3つ付いているので、ボールペンなどの文具やタブレット用のペンシルも一緒に収納可能です。

入れやすく、取り出しやすい

IncaseのCity Backpackのサイドポケット

背負ったまま取り出すことができる左右のサイドポケット。スマホやSuicaなど、すぐに取り出したい物を入れておくと、便利です。

IncaseのCity Backpackのポケット

また、アクセスしやすい上部のポケットにも起毛が施されているため、はずしたメガネや腕時計を入れておくのに重宝しています。

背負い心地もバツグン

IncaseのCity Backpackを背負ったイメージ

自宅前にて撮影

ショルダーハーネスの形状や背中のクッション材の配置など、背中に吸い付くような背負い心地

IncaseのCity Backpackを背負ったイメージ

自宅前にて撮影

このバックパックを使い始めて、3年ほど。その間に、何度か買い替えようと思ったこともありましたが、機能面もさることながら、背負い心地でコレに勝るバックパックになかなか出会えません。

IncaseのCity Backpack

シンプルなデザインなので、通勤や通学用にもちょうどいい「City Backpack」。

いまはお出かけできませんが、今後のために備えておいてみてはいかがでしょうか。

City Backpack[Incase]

あわせて読みたい:


SUMA-KIYO

写真と筋トレが趣味のロッククライマー。 山道具の機能美に取り憑かれている。 こだわりのある「ホンモノ」だけを紹介します。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking