浅田 よわ美

浅田 よわ美

6

#stayhome 家ごもりを楽しもう!
ルーミーは「おうち時間」を快適に過ごす
おすすめアイテムやノウハウをシェアしています。

自然と自炊をする機会が増えた、ここ最近。

「毎食何品も作るのが面倒くさい」「時短メニューばかりで野菜不足を感じる」なんて悩みもあるのが、正直なところです。

ぬか漬けはおうちごはんの強い味方

樽の味の漬けもん屋のカンタンぬか床セット

そんなときに、あると便利なのが「ぬか漬け」。

以前、ぬか漬けマイスターの方への取材でその魅力を学びましたが、特に「漬けておくだけで一品増やせて、満足感が味わえる」「野菜不足を解消できる」ところに惹かれました。

樽の味の漬けもん屋のカンタンぬか床セット

樽の味「漬けもん屋のカンタンぬか床セット」2,280円(税込)

やってみると意外とカンタンなのですが、イチから仕込むのはちょっとハードルが高いイメージはたしかにあります。

そこで見つけたのが、昔ながらの漬物屋・樽の味の「カンタンぬか床セット」でした。

一式揃って、面倒な工程も不要

樽の味の漬けもん屋のカンタンぬか床セット

米ぬかには、ミネラルや栄養素がぎっしり

ぬか漬けを作る容器、ぬか床(2袋)、味わいに変化をつける調味料など、ぬか漬けを漬けるのに必要なものが一式揃うお手軽セット。

「化学調味料や保存料等の添加物が入っていない健康的な漬物を食べていただきたい」との思いで開発されたそうです。

樽の味の漬けもん屋のカンタンぬか床セット

ベースは、和歌山県産のお米キヌヒカリからとれたぬか。

調味料には兵庫県赤穂の塩、北海道の道南産昆布、和歌山県干し柿の里の柿の皮などが使われた、100%国産原料の完全無添加なぬか床です。

樽の味の漬けもん屋のカンタンぬか床セットの説明書

ものすごく丁寧な「漬け方説明書」もついていますが、手順は超カンタン。

①ぬか床(2袋)を袋から取り出し、容器に移す
②好みの野菜をつける
③ぬかで野菜がかくれるように埋める
④冷蔵庫にいれる

以上、たったの4ステップ!

ちなみに冷蔵庫に入れずに常温保存もできます。冷蔵保存の約半分の時間で漬けることができるのだとか。

樽の味の漬けもん屋のカンタンぬか床セット

通常、ぬか漬けを漬けるときは野菜のヘタなどを捨て、野菜のみを2~3日漬けては捨てる「捨て漬け」の過程が必要。

けっこう大変なのですが、このぬか漬けセットの場合はプロがすでに180日以上熟成発酵をしてくれているのでその工程が不要!

届いたと同時に、好きな野菜を漬けて食べられるのがうれしいですね。

一晩でもちゃんとおいしい

セロリ、パプリカ、オクラ、アスパラをぬかに漬けるイメージ

まずはセロリ、パプリカ、オクラ、アスパラを漬けることにしました。

セロリ、パプリカ、オクラ、アスパラをぬかに漬けるイメージ

野菜が飛び出ないように、ぬかに埋めて冷蔵庫で一晩寝かします。

セロリ、パプリカ、オクラ、アスパラのぬか漬け

このままでも食べられるけど、洗って食べてもOK

翌日出してみると、少しやわらかくなっているものの、芯は残っていていい感じ。

セロリとパプリカのぬか漬け

ぬか漬けと炊き込みごはんで時短飯

一口サイズに切って食べてみましたが、シャキシャキとした歯ごたえとやさしい塩気がおいしい!

これだけでおかず一品になるので、時短朝食にもぴったりです。

アレンジレシピもおすすめ

オクラのぬか漬け

ネバネバ食感が楽しいオクラは、そのまま食べるのはもちろん、同じくネバネバ食感の納豆とあえて食べてみました。

発酵食品同士だからか、お互いの旨みを引き出してとってもおいしい!

オクラがあることで納豆単体よりもさっぱりいただけて、これはハマりそう。

樽の味の漬けもん屋のカンタンぬか床セットの付属レシピ

ぬか漬けをもっと楽しむレシピも同封されています

ほかにも、山芋のぬか漬け×納豆も相性がいいそう。あえるだけで健康的な副菜が一品増えるのは楽チンでいいなぁ。

いつものメニューもグレードアップ

アスパラのぬか漬け

ぬかに漬けたアスパラは、しんなりとした食感の奥に凝縮された深い旨みがつまって、お酒のおつまみに最適な味わい。

アスパラのぬか漬け

お肉を巻いたり、そのまま炒めたり、調理して食べてもGoodですよ。

アスパラのぬか漬け

明日の料理に使いたい野菜があるときは、寝る前に漬けておくのもアリかも。

深い下味がつくので、いつものメニューもワンランク上の味わいになりそうですね。

5日に1回のかき混ぜでOK

樽の味の漬けもん屋のカンタンぬか床セット

定期的なぬかのお手入れが必要になりますが、冷蔵庫にいれておけば5日に1回かき混ぜるだけでいいので、そこまで手間には感じません。

かき混ぜるときはぬか床内の乳酸菌が均等になるように、底からぬかを持ち上げてひっくり返し、全体をしっかりと混ぜます。

樽の味の漬けもん屋のカンタンぬか床セット

野菜の水分が出ていたら、キッチンペーパーで拭き取りましょう

常温で保存する場合には毎日のかき混ぜが必要なので、お忘れなく!

自分だけのぬか床づくりを

樽の味の漬けもん屋のカンタンぬか床セットの調味料

塩気が強いなと感じたら複数回野菜をつけることで和らげたり、もっと旨みがほしいと思ったら昆布を足したり。

香りを豊かにするならみかんの皮をいれたり、風味にアクセントをつけたいときは唐辛子をいれたり。

セロリとパプリカのぬか漬け

付属の調味料以外にも、ショウガやニンニク、柚子など独自の調味料を加えて自分好みの味に仕上げていくのも楽しいんです。

ぬか漬けライフを始めて、手軽に野菜不足とサヨナラ。今年のGWはぬか漬けデビューしてみてはいかがでしょう?

漬けもん屋のカンタンぬか床セット[樽の味]

あわせて読みたい:


浅田 よわ美

奈良出身のライター。海が好きで、海が青くなるから夏も好きです。どこに住むのか、どう働くのか、人それぞれの個性に合った「らしい暮らし」を探ることに興味があります。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking