Étoile

Étoile

5

#stayhome 家ごもりを楽しもう!
ルーミーは「おうち時間」を快適に過ごす
おすすめアイテムやノウハウをシェアしています。

マスクの白や黒ばかり見ていて、少しモノクロがかってきた毎日に、気持ちがぱっと華やぐ食器はいかがですか。

かわいらしいデザインだけでなく、長く使っても割れにくい耐久性も備わっているんです。

花が咲いたようなポーランドの伝統的な食器

ポーリッシュポタリー「マグカップ / ミニボウル」 1,650円(税込)〜

水玉と赤い小さな果実のパターンが愛らしいマグカップとミニボウルは、はるばるポーランドから私の食器棚にやってきてくれました。

ポーランド南西部の“陶器の町”、ボレスワヴィエツ。ここで19世紀から作られ続けている食器が“ポーリッシュポタリー”です。

ポーリッシュポタリーを特別なものにしているのは、まずその可愛らしいデザイン。

ポーランドの伝統的な柄や模様をベースにしたものが多く、民俗的な雰囲気が多くの人の心をつかみ、本国のみならず欧米を中心とした世界各国で人気を博しています。

大皿にはカレーを。なんていうことのないメニューでも、プレートが美しくにぎやかであることで、なんていうことのあるメニューのような気がしてきます。

使いはじめてもうすぐ10年

わが家で使っているポーリッシュポタリーを大集合させてみました。大皿1枚にシリアルボウルが2つ、小鉢1つ、マグが1つにスプーン1本。

大皿は6年前に日本の正規輸入店で、そのほかは9年前にポーランドの陶器店で購入しました。

いまの今まで1枚も欠けることなく現役で活躍してくれています。

ぽってりとした厚手のため、洗う時に大きな安心感があるのも気に入っているところ。

だからといって重すぎるということもなく、例えば直径24cmの大皿の重さは約700g。ほぼ同じ直径でそこまで厚手ではない別の大皿と、重さは数グラムほどしか変わりませんでした。

ひとつひとつ絵付けされた伝統的なデザイン

大皿をアップで写してみました。複雑な模様は、ひとつひとつスタンプで絵付けをしているそうです。

スタンプを押す圧により微妙な濃淡ができ、それが食器に温かみを与えています。

こちらは手描きのスプーン。持ち手の先端には小さな穴が空いているため、紐を通せばどこでも好きな場所に飾ることができます。

裏返してみますと「Hand Made in Poland」という手書き文字が!

お皿を洗って乾かす時に裏面と目が合うと、その度ににっこり。

“お飾り”じゃないよ

かわいらしいデザインばかりかと思いきや、電子レンジやオーブン、食器洗い機でも使用できるのもうれしいところ。

“食器棚のお飾り”に留まらず、キッチンのあらゆるシーンにおいて高い汎用性があるのです。

作り置きの惣菜やスープをレンジで温めて、そのまま食卓に出すことができる便利さに誘われ、食器チョイスの時につい手が伸びてしまいます。

ポーリッシュポタリーは、日本でもいくつかの輸入販売店で購入することができますよ。生活にちょっとした差し色をどうぞ。

セラミカ・アルティスティッチナ社 日本国内正規輸入代理店 

あわせて読みたい:


Étoile

大きなイベントごとを常に発生させ続けるのは難しいけれど、日々の生活に小さな幸せを見いだすことで、日常にスパイスをかけることはできる。ちょっとした緑を見つけては愛でたり、物語のある雑貨を手にしたり、気持ちのいいものを身につけたり、そんなことを大切にしていきたいと思っています。一番好きなスパイスはシナモン。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking