haco

haco

1

#stayhome 家ごもりを楽しもう!
ルーミーは「おうち時間」を快適に過ごす
おすすめアイテムやノウハウをシェアしています。

長く続いているおうち時間。これを機に片付けをしている人も多いようですね。

シンプルな暮らしを目指すなら、まずはモノを減らすこと。

でも待って! ただモノを減らせば部屋が整頓されるわけではなく、減らさない方がスッキリするアイテムもあります。

そのひとつがはさみです。

なぜはさみは減らさなくていいの?

はさみ

家の中ではさみを使うシーンを思い浮かべてみると、その場所は実にさまざま。

キッチン、リビング、洗面所、玄関……など。

もし家の中にはさみが1本しかなかったら、使うたびに取りに行き、また元の場所まで戻さなくてはなりません。そして、置き場所が遠いと、面倒でつい出しっぱなしに……。

いま、もしはさみが家にたくさんあるのなら、あえて処分せず、上手に配置して「出しっぱなし」にならない工夫をしてみませんか。

洗面所のはさみ

化粧品や洗剤の詰め替え容器を開けるときなどに活躍するはさみは、洗面台の扉の裏に、フックを付けてスタンバイ。

液体が入った容器は切る時にはさみを汚してしまう心配もありますが、ここならすぐに洗えるし、他の部屋と分けて使えるのも安心ですね。

キッチンのはさみは2本

使用頻度の高いキッチンには、2つのはさみを用意。

1本は、食品や、食品のパッケージを切る時専用のキッチンばさみ。

もう1本は、その他のものを切るときに。牛乳パックの解体も、これを使います。

お花を飾ることが多ければ、水替えをする場所にお花専用のはさみを置いてもいいですね。

玄関のはさみ活用で、リビングを散らかさない

玄関に置くはさみは、主に2つの使い道があります。

1つ目は、梱包の時にビニールひもやガムテープを切るため。セットにしておくと探さずすぐに使えます。

もうひとつは、届いた荷物の開封に。

何か届いたらなるべく部屋まで持ち込まず、玄関ですぐ開けましょう

いったん部屋に持ち込んでしまうと、いるモノもいらないモノも一緒に置いてしまうので、部屋に段ボールなどのゴミが溜まってしまいます。

まずは玄関で仕分けし、必要な中身だけを部屋に持ち込むようにすると部屋が散らかりにくくなります。そのためにも玄関にはさみは必需品なのです。

はさみの置き方ひとつで片づけが楽チンに

はさみの収納

はさみを何本どこに置くか。そんな些細なことですが、やってみると無駄な動きがなくなって、暮らしが快適になります。

ポイントは「使いそうな場所にいちいち置いておくこと」。ただ、それだけです。

一度買うと壊れることが少ないだけに、いつの間にか増えているはさみ。この機会にはさみの配置について、改めて検討してみるのも面白いと思いますよ。

あわせて読みたい:


haco

北欧インテリアが大好き。季節ごとにディスプレイしたり、おしゃれで機能的な収納を考えたりするのが幸せです。ママもこどもも暮らしやすく、普通の日々がもっと楽しくなる収納やインテリア、おうち時間を提案します。整理収納アドバイザー2級、ルームスタイリスト1級。北欧式整理収納プランナー。

feature

ファッション小物やアウトドアグッズ、キッチン周りのあれやこれ…。いつだって欲しいものは尽きないから、暮らしのスペースを確保するための“収納術”は、しっかり身につけておきたい。 できるだけ自分らしく暮らしをカスタマイズするための、ROOMIEライターたちの一工夫をご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking