OGMAX

OGMAX

10

#stayhome 家ごもりを楽しもう!
ルーミーは「おうち時間」を快適に過ごす
おすすめアイテムやノウハウをシェアしています。

1日家で過ごすとなると、なかなか陽の光を浴びなくなってしまいますよね。

普段から家で仕事をしている時間が長く、部屋に引きこもりがちになることがある私は、気分転換も兼ねてベランダや屋上などで日光浴をすることがあります。

そんな時のお気に入りのアウトドアチェアとサイドテーブルのセットが活躍してくれています。

チェアとテーブルあわせてアンダー1kg

 Helinox(ヘリノックス) Table O Home Chair Zero 収納時

最近のお気に入りがこの2点。

Helinox(ヘリノックス)サイドテーブルチェアです。

写真のように超コンパクトに収納できるので、持ち運びもスムーズ。

キャンプ使いだけでなく、家の中やベランダ、屋上でも使いたくなってしまうスタイリッシュなデザインなんですよね。

丁度良いサイドテーブル

Helinox(ヘリノックス) Table O Home/ウォールナット 7,480円(税込)  

まずはサイドテーブルを組み立ててみましょう。

キャンバス地の収納袋に天板と脚が3本入っています。

収納袋には脚が収まる専用のポケットが付いているので、運んでいるときにガチャガチャ音がすることもありません

とても簡単に設置できますよ、天板の裏に脚をしっかり差し込んだらもう完成。

このサイズが1人使いには丁度良いんですよね。

本体重量は天板も込みでなんと220g、登山にも持っていけちゃうほど軽量。

ヘリノックスといえばチェアのイメージが強いのですが、このサイドテーブルも無駄がなく美しい! たくさん使ってあげたくなるアイテムです。

チェアも組み立て簡単

Helinox (ヘリノックス) Chair Zero

Helinox (ヘリノックス) Chair Zero/サンド 13,200円(税込)  

続いてチェアもセットしましょう。

今や定番とも言えるヘリノックスの軽量チェア、ChairZero

Helinox (ヘリノックス) Chair Zero 取り出して並べる

専用の収納袋の中にはコンパクトに折りたたまれたポールとシート。

Helinox (ヘリノックス) Chair Zero組み立てるシーン

ポールを組み立てて、シートの所定の位置に刺していくだけで設置はOKです。

 Helinox(ヘリノックス) Table O Home Chair Zero

チェアの本体重量は490g

軽いですね〜、持ってみるとびっくりするほどの軽量です。

サイドテーブルと合わせても710g、ヒョイっとお気に入りの場所に持っていき、本とコーヒーを用意して、さぁ日光浴だ!

時間を贅沢に使っている気分

 Helinox(ヘリノックス) Table O Home Chair Zero

日光浴なので特に目的もなく、ぼんやりと遠くを眺めながらコーヒーを飲んだり。

積みあがったまま読めていなかった小説を読み進めたり。

Helinox(ヘリノックス) Table O Home Chair Zero並べて設置

お気に入りのキャンプギアを自宅で使ってみるのも、おうちキャンプというほどの使い方ではないですがなかなかいいものですね。

気分の切り替えに

 Helinox(ヘリノックス) Table O Home Chair Zeroを使って日光浴

在宅で仕事をしていると、ずっとPCの前に張り付いている時間が長くなってしまいます。

気分転換にササッと出し入れができるヘリノックスのチェアテーブルを使っての日光浴。

 Helinox(ヘリノックス) Table O Home Chair Zeroを使ってベランピング

私はこのちょっとだけ準備が必要なこの日光浴が好きです。

コーヒーを淹れたり、お菓子を用意したり、天気の良さを感じたり。

部屋が仕事場になってしまっていると特に、外に出て気持ちを切り替えるのは大切だと感じます。

軽いチェアとテーブルなので風で飛ばされないように気を付けて、晴れた日には試してみてくださいね。

あわせて読みたい:


OGMAX

写真と映像を撮ってる人です。アウトドア好きなインドア派。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking