Fukuko

Fukuko

5

#stayhome 家ごもりを楽しもう!
ルーミーは「おうち時間」を快適に過ごす
おすすめアイテムやノウハウをシェアしています。

大きめバッグって便利ですよね。

私は忘れ物をしないためにも、大きめバッグに荷物をまとめるようにしてます。

でも柔らかい素材のものが多くて、シャキッと自立せずクタクタになってしまうのが気になる。

そんな悩みを解決してくれるアイテムを見つけました!

バックボーンじゃなくて、バッグボーン!

袋に入った「BAGBONE カバンの骨」

デルサット 「BAGBONE カバンの骨」 1,580円(税込) ※2020年4月時点でのAmazonでの販売価格

一見なんだかわからないこのアイテムは、その名も「BAGBONE(カバンの骨)」。

クタクタの布バッグなどの底にセットしてシャッキリと自立させるもの。

クタクタになったデロンギの布バッグ

もとはこんなにクニャっとした布バッグ。

緩衝材を入れられたデロンギの布バッグ

試しに柔らかい梱包材をけっこういっぱい入れてみましたが……

やっぱりクタクタ。

「BAGBONE カバンの骨」を入れたあとのデロンギの布バッグ

でも、この骨を入れるとしっかり立ってくれるんです。

約150gと軽いのもうれしいです。

組み立ても使い方も超簡単!

「BAGBONE カバンの骨」を分解

パーツは全部でこれだけ。

「BAGBONE カバンの骨」のパーツの一部

まずは太い方のパーツをゴムの端の輪っかに通します。反対側もね。

これでU字型になるので、これをもうひとつ。

「BAGBONE カバンの骨」の反対側のパーツ

そして細い方のパーツを端に差し込んで2つをつなぎます。

「BAGBONE カバンの骨」を組み立てた画像

両方やると、こういった楕円形のものになります。

細い方のパーツの幅の分、サイズは自在に変えられます。

こちらはスタンダードという種類のものなのですが、おおよその適合サイズはマチ8cm以上、外周86cm~112cmとのこと。 

「BAGBONE カバンの骨」をカバンに入れてみた画像

自分のバッグのサイズにあわせたら、あとは底に仕込むだけ。

バッグの中身の探しやすくなったよ

青いバッグ

私の普段遣いのバッグ。

たっぷり入って便利なのですが、クタッとしたタイプ。

中身を入れてもなんだかクタッとしてます。

中身を入れてもクタクタになっているバッグ

それが、「BAGBONE」を入れるとこんなにシャッキリしてくれます。

だけどそれだけじゃなく、バッグの中身も探しやすくなったんです!

「BAGBONE カバンの骨」を入れて自立したバッグ

バッグがクタッとしていると、中のものゴソゴソ探したときにますますクタクタに……。

普段ならそうなってしまいがちですが、中身もきちんと収まるようになったのでうれしいです。

残念なところ:部品をなくしそう

「BAGBONE カバンの骨」のパーツ

サイズはある程度自由に変えられます。

でも中途半端に伸ばしたときは、縮まっちゃうこともあるとか。

それを防止するためにこの小さい板を両面にはさみこむのですが、

「BAGBONE カバンの骨」にパーツを差し込もうとしている画像

外側に使う方の板は好みのサイズに切らなければならないので、ひとつのサイズのカバンにしか使えないのが難点。

いつも同じバッグを使うとは限らないし、そもそもこれをなくしそうという心配があります。

「BAGBONE カバンの骨」に差し込まれたパーツ

ちなみに差し込む部品と外側の部品は、結構な摩擦力で止まってくれます。

私は使わなくていいかなという感じですが。

持ち歩く以外にも役に立つよ

リメイクされたバッグ

日頃持ち歩くバッグ類に使うのもいいですが、こんな使い方も。

これはベトナムで買ってきた、飼料用の袋をリメイクしたバッグ。

軽くていっぱい入って丈夫ですが、その分フワフワパタリと心もとない感じ。

リメイクされたバッグに「BAGBONE カバンの骨」を入れてみた

しかし布よりも張りがあるので、底をしっかりさせると自立します。

リメイクされたバッグにゴミ袋を入れてみた

大きいゴミ袋をセットすれば、お部屋でもアウトドアでも簡単なゴミ箱に。

もちろんゴミ袋なしで、ストックの紙袋や梱包材などを入れておくにも便利ですよ。

やる気なさそうなバッグにビシッと気合い、入れてみてください。

BAGBONE カバンの骨[デルサット オンラインショップ]

あわせて読みたい:


Fukuko

くいしんぼうのエディター&ライター。旅をこよなく愛し、おいしいものとライフスタイルをステキに彩るガジェットを求めて、広くて狭い地球を飛び回る江戸っ子。飛ぶように軽くどこまでも歩ける靴と、付け替え用の胃袋がほしいなぁと夢見る毎日……だけど、おうちも大好き。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking