covacova.

covacova.

6

キャンプのときはもちろん、雨の日に部屋で洗濯物を干す場所がなくて困ることって結構あるんですよね。

でも、MINIMAL WORKS(ミニマルワークス)のハンガーラックのおかげでそんな悩みも解決できました。

韓国のアウトドアブランド

MINIMAL WORKSのロゴ

MINIMAL WORKS 「INDIAN HANGER L / インディアンハンガー Lサイズ」 8,800円(税込)

MINIMAL WORKS(ミニマルワークス)は、2020年に日本に上陸した韓国のアウトドアブランド。

軽量・コンパクトなアイテムが多く揃っていて、お財布にも優しいのでこれからもチェックし続けたいブランドです。

テントのポールが…

MINIMAL WORKSのインディアンハンガーを組み立てる前

そしてこちらはテントのポールを応用して作られたハンガー

発想がアウトドアブランドならではですね。

組み立て方は、それぞれのパーツをジョイントに挿していくだけなので悩む必要なし。

MINIMAL WORKSのインディアンハンガーのコード部分

テントのポールと同じく、中はすべてコードで繋がってます。

これならパーツを紛失する心配もありません。

また、付属の専用ケースに収納すればコンパクトにまとまるのもうれしいところ。

ちょうどいい高さ

MINIMAL WORKSのインディアンハンガーに小物やジャケットを掛けている画像

組み立てるとアウターやTシャツを掛けられるちょうどいい高さになります。

オプションのフックを取り付ければ、小物を安定して吊るすこともできるのでセットでの購入をオススメします。

MINIMAL WORKSのインディアンハンガーの横に並ぶ男性

僕が使っているのはLサイズのハンガーで、腰くらいの高さ。

サイズはS~XLまで揃っていますが、コンパクトになるため、使い勝手がいいLサイズをオススメします。

気になるところ:風が強い日は注意

MINIMAL WORKSのインディアンハンガーの横でくつろぐ男性

服やタオルを吊るしてると、どうしても風の影響が受けやすくてハンガーが揺れてしまいます。

風が強い日は十分注意して使ってください。

使い道は外だけじゃない

MINIMAL WORKSのインディアンハンガーを室内で使っている様子

外での出番がないときは部屋干し用のラックとしても使えるのがとても便利。

詰めれば10枚程度まで吊るせて、強度的にもまったく問題ありません。

これならフリーマーケットでTシャツなどを展示したりするにも便利なんじゃないでしょうか。

MINIMAL WORKS(ミニマルワークス)、今後も要チェックです!

※自宅の敷地内で撮影しています。

INDIAN HANGER L / インディアンハンガー Lサイズ[MINIMAL WORKS]

あわせて読みたい:


covacova.

夏生まれのくせに冬が大好きな自由人。山が白く染まってくるとソワソワして、爆弾低気圧や冬将軍という言葉に過敏に反応するアレルギー持ちのため、定期的に雪山で治療が必要です。 最近はファインダーを通して見える世界に引き込まれてしまったため、アレルギー治療と写活のために北の大地への移住を計画中。

feature

外でしか使わないのは、もったいない! アウトドアグッズを部屋で使うライフスタイルをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking