OGMAX

OGMAX

#stayhome 家ごもりを楽しもう!
ルーミーは「おうち時間」を快適に過ごす
おすすめアイテムやノウハウをシェアしています。


コンパクトであれ、一眼であれ、カメラストラップはどんなタイプを使っていますか? 機能性重視? デザインでテンションが上がるもの? 好みでいろいろかと思います。

カメラストラップは、持ち歩く際に便利ですし、どうせならお気に入りのものを使いたいところ。

私は数年前から量販店でも見かけるようになったクライミングロープを使ったカメラストラップが気になっていましたが、なかなか気にいる柄を見つけても、高価なものばかりで、二の足を踏んでいました。

それならと一発奮起。おうちで過ごす時間が長い今を利用して、自作してみました。

材料はこれだけ

自作カメラストラップ 材料一覧

左/GM CLIMBING 24kN ダブルブライド 10mm アクセサリーコード 6M 2,090円(税込)  
左中/TISUR (Ti)チタン キーホルダー リング 14mm 1,355円(税込)  
右中/熱収縮チューブ 30mm 648円(税込)  
右/コニシ ボンド アロンアルフア プロ用耐衝撃 20g 736円(税込)  

今回、メインの材料となるロープは、実際にクライミングには使えないアクセサリーコードを使用します。

カメラを吊るすだけなら十分な強度なので、好みのカラーや、柄のものがあればこちらでOKかなと思います。

あくまで自己流のDIYのため、同様に作ったストラップでのカメラのトラブルは自己責任でお願いします。

まずはロープをカット

自作カメラストラップ ロープカット

長さは150cm程がちょうど良いです、頑丈なロープですがカッターで切断可能です。

クライミングロープの断面

しかし、何もしないで切るとこのように先端がほつれてしまいます。

セロハンテープを巻いてから切りましょう

セロハンテープを巻いたロープの断面

これだけで切断面は綺麗になりますよ。

ロープの断面をライターで炙る

セロハンテープを剥がした後、そのままにしておくと先がほつれやすいので、ライターなどで先端を炙ってくっつけてあげると綺麗になります。(やけどには注意してね!)

リングを通していく

ロープとリングを並べる

ロープの準備ができたら次はカメラに付けるリング部分。

10mm径のロープに対して14mmのリングを通します、ここでロープに通すリングには、カメラ側に付けるリングをあらかじめ通しておきます。

カメラストラップ リングストラップ

ロープにリングを通したら、程よい長さで折ってくっつけましょう。

今回はできるだけ手軽に作りたいので瞬間接着剤を使います

ストラップを瞬間接着剤で固定

瞬間接着剤がしっかり固まるまで待ちましょう。

よし、最後の仕上げだ!

熱収縮チューブを折り返し部分が隠れる長さにカット。

ストラップ部分に熱圧縮チューブを貼り付ける

熱湯をかけて収縮させます。

この時、接着面になるべくかからないように丁寧にかけてあげましょう。(もちろん、やけどに注意してくださいね)

ロープの折り返しを包む熱圧縮チューブ

折り返しの部分が隠せたら完成です!

うむ、我ながらなかなかいい感じにできあがりました。

カメラを付けてみたよ

自作カメラストラップを首から下げる

実際にカメラを付けるとこんな感じになります。

自作カメラストラップを使う

初めての自作でしたが、なかなか悪くない出来栄えじゃないでしょうか。

クライミングロープを使ったカメラストラップを自作する

いまはこれを持って撮影に飛び出せませんが、おうち時間を利用してみなさんもやってみたかったDIYに挑戦してみてはいかがでしょう?

作業に集中できるし、童心に戻れるのとてもいい時間でした。

あわせて読みたい:


OGMAX

写真と映像を撮ってる人です。アウトドア好きなインドア派。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking