上松 まるこ

上松 まるこ

1

#stayhome 家ごもりを楽しもう!
ルーミーは「おうち時間」を快適に過ごす
おすすめアイテムやノウハウをシェアしています。

おうち時間、みなさんいかがお過ごしでしょうか。

私は少し前から「ボードゲーム」にハマっています!

初心者でも楽しめるお手軽ゲームをゲット

ボードゲーム

なんとなく「ボードゲームって難しそう」という考えからこれまで避けてきたのですが、友人宅でボードゲームで遊んだことがきっかけで大ハマりしました。

楽しすぎてボードゲームの専門店へ行き、いろんなゲームを教えてもらったのです。

その中でも今回は、初心者でも楽しめると聞いて購入したゲーム2つを紹介します。

ふたりから楽しめるお手軽ゲーム①ペンギンパーティ

ペンギンパーティ

New Games Order, LLC. ペンギンパーティ 1,540円(税込)

ひとつめは「ペンギンパーティ」です。

ペンギンたちのパーティはピラミッドを作って遊びます。自分のペンギンをできるだけたくさん、上手に乗せていきましょう。乗れなかったペンギンはシャチのいる海に落ちてしまうので、気をつけてくださいね!参加人数と同じ回数だけゲームをして、自分のペンギンを一番海に落とさなかった人の勝ちです。(説明書より)

ペンギンパーティ

付属品は、
■5色のカード 36枚 
■シャチチップ 36枚

ペンギンパーティ

まずはじめに36枚のカードをよく混ぜて、参加者に同じ枚数ずつ配ります。

ペンギンパーティ

参加者は時計回りに、手札から1枚ずつカードを並べていき、ピラミッドを作っていきます。

カードを並べられる枚数は、1段目は8枚、2段目は7枚、3段目は6枚まで。

ペンギンパーティ

2段目以降は、下段のペンギンカードの中間にカードを並べていくのですが、下に来る2枚のカードどちらかと同じ色のカードしか置けません。

手番が来たときに、出せるカードがなかったら脱落となります!

ペンギンパーティ

ピラミッドにのせられなかったペンギンたちは海に落ちてシャチに食べられてしまうので、残ってしまった手札の枚数だけ「シャチチップ」をもらいます。

全員が脱落もしくは、手札をすべて出し切ったら1ゲーム目が終了!(手札を全部出しきれたらシャチチップを2枚戻すことができます)

各自受け取ったシャチチップを持ったまま、参加人数と同じ回数だけゲームを繰り返した後、チップを持っている枚数が一番少ない人が勝者となります!

インテリアに溶け込むデザインも魅力

ペンギンパーティ

カードを並べて良く見てみると、同じ色のカードでも少しずつ絵柄が違うことに気づきます。

柄の違いを探すだけでも、小さなお子さんとも盛り上がれて楽しいです。

ペンギンパーティ

遊ばない時には、パッケージを見せつつ、インテリアとしても活躍。インテリアの邪魔にならない、かわいいパッケージだからこそ。

カードゲームだから、サイズもコンパクトで邪魔になりません。箱の作りもしっかりしています。

子どもから大人まで楽しめる

ペンギンパーティ

絵柄がかわいく、ルールも単純でわかりやすいため、子どもから大人まで一緒に楽しむことができます。

ただ置く順番や、場所によってカードを出せる場所がどんどんと限られてくるので、プレイ中は「先にどのカードを出すのが正解なのか?」と考えさせられ、意外と悩ましい! 回を重ねるごとにハマる不思議な魅力があります。

家族でわいわい楽しむのも良し、夫婦でお酒を飲みながらまったり楽しむも良しなお手軽ゲームです。

ふたりから楽しめるお手軽ゲーム②キャプテンリノ

キャプテンリノ

HABA 「キャプテン・リノ」 2,000円(税込)

「キャプテンリノ」も、子どもから大人まで楽しめて、ふたりからでもとっても盛り上がるゲーム!

キャプテンリノ

壁のカードと屋根のカードを積み上げてタワーを作るのですが、バランス感覚が必要でタワーが高くなるごとに参加者の顔が真剣そのものに変わっていきます。

ビルのバランスを変える「リノのカード」が出たときが大変で、キャプテンリノを移動させないといけないのですが、これで傾きが大きく変わることも!

どんどんグラグラしてくる……!

1メートル以上に積みあがると、自分の番が来るごとにドキドキ! 頑張って建ててきたビルが自分の番で崩れたときの悲しさは何とも言えません……。

負けたときのミニ罰ゲームを用意するなど工夫すると、よりゲームが白熱して楽しいかも!

キャプテンリノ

以上、今回はルールがシンプルで、初心者の私でも楽しめたボードゲームをふたつ紹介しました。

手軽なのにとっても盛り上がるので、興味が湧いた方はぜひ遊んでみてくださ~い!

ペンギンパーティ

キャプテン・リノ

あわせて読みたい:

上松 まるこ

奈良で暮らしてます。日々を豊かにする便利グッズやこだわりアイテム、おでかけがもっと楽しくなるような小物に弱いです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking