ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

1
「Stay at Home NEIGHBORS.」

居酒屋でお酒を飲みながらグチをこぼしたり、用もないのにフラフラとショッピングモールを歩き回ったりするのが難しい、今。
だけど暮らしに制限があるこの自粛期間にだって、充実した時間を過ごせるかもしれない。

何かをガマンするのではなく、自分にとっていちばん身近な“暮らし”を整え、“家”と向き合うための時間にできたら。
ROOMIEでは部屋づくりの達人であるネイバーズ(=「みんなの部屋」出演者)に、家時間を充実させるための心得を聞きました。

川崎市宮前区・天井さんの場合

女性の写真

Photographed by Natsuki Kuroda

名前:天井理絵さん
職業:EcoDecoの広報
場所:神奈川県川崎市宮前区
面積:93.94㎡ 2LDK
築年数:31年 分譲マンション

詳しくはこちら↓

今自宅でいちばん長くいる場所はどこですか?

ダイニングの写真

写真提供:天井さん

テレワークが始まったので、ダイニングにいることが多いです。

元々自分のワークスペースがありましたが、業務上オンラインで繋がっている時間が多い夫に譲りました。

自宅で仕事や作業をするために心がけていることはありますか?

写真提供:天井さん

小学校と保育園に通う子ども達が今はずーっと家にいるので、イヤホンを着けてradikoを聞くことで仕事に集中できるようにしています。とはいえ、絶対にこちらに話しかけてくるので、子ども達にipadにプログラミングゼミというアプリを入れて渡したり、目標を決めて取り組めるかんたんなドリルを渡して集中してもらうことで、自分の仕事時間を確保しています。

仕事時間とプライベート時間の切り替えについては、「この仕事がおわったら」とかではなく、決まった時間にPCを開いて仕事をする、12:00になったら食事など、きっちり決めています。自分だけであればキリのいいところまで仕上げていましたが、子ども達がいると、基本的には全てルーティーンで回した方がやりやすかったです。

家ごもりのなかで役立った(買ってよかった)家具・アイテムを教えて下さい。

写真提供:天井さん

iPadPro! オンラインでのミーティングや取材が増えたので、PC以外のツールを使うことが増えました。あとは、子どもにも貸せるので便利です。

あとは、MUJIのファイルボックスです。家ごもりになってから買い足しました。これ一つあれば、その日に仕事でつかうツールを全てしまえるので、ダイニングで仕事をしている私にとっては便利です。

家ごもり中、リラックスするためにやっていることや工夫があれば教えて下さい。

写真提供:天井さん

バルコニーの水やりを子どもとするのが癒しです。


あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking