林 美由紀

林 美由紀

9

いろいろな料理を作るときに必須の工程が、野菜のみじん切り。

でも、硬い野菜だと刻むだけでヘトヘトになるし、涙が出てしまう玉ねぎには、いつもため息が出ます……。

そこで、サッとみじん切りができちゃう調理器具をご紹介します。

ハンドルをグイっと引っ張るだけで、みじん切りができる

Image: Amazon.co.jp

有限会社ケイ・アンド・エーの「ぶんぶんチョッパースーパー5」は、フタの横に付いたハンドルを引っ張ると、カッターが高速回転します。

ハンドルを10回引けば粗みじん~30回でみじん切りと、ハンドルを引っ張る回数で、細かさを微調整することも可能。

従来品を大幅に改良

Image: Amazon.co.jp

今回ご紹介する「ぶんぶんチョッパースーパー5」は、「ぶんぶんチョッパー」の強化版。

5枚刃であることと、商品形状の変更により切る力が従来品の2.5倍に。しかも、刃に食材が引っかかることが少なくなったとのこと。

また、8種類ある「ぶんぶんチョッパーシリーズ」の中で最大の容量を誇る900mlの容器となっていて、玉ねぎ(中ぐらい)なら1度に1.5個も入れられます。具材を一気に処理できて、いっそう料理の時短が可能になりますね。

そのほか、外れやすかったフタのスライドロック式への変更など、ユーザーの要望からさまざまな改良がされています。

Image: Amazon.co.jp

もちろん、従来品と同様に野菜と調味料を一緒に刻みながら混ぜるという作業も可能。

コールスローやタルタルソース、オムレツのタネまで作れちゃいますよ。

お手入れ簡単

Image: Amazon.co.jp

容器、フタ、カッターは分解して水洗いができるので、使い終わったあとはいつもクリーンに保てます。

「ぶんぶんチョッパースーパー5」ではフタの左右2カ所に水抜き穴がついたので、より乾きやすくなったのだとか。

ただし注意点としては、食器洗浄機や食器乾燥機は使用できないとのこと。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、お子さんの学校が休校になったり、在宅ワークが推奨されたりと、家族が家で一緒にいる時間が増えています。

食事を用意するのが大変ですが、「ぶんぶんチョッパースーパー5」を活用して、効率的に料理をしてはいかがでしょうか。

それに電源を使わずにハンドルを引っ張るだけなので、お子さんも楽しく料理のお手伝いができそうですね。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

ぶんぶんチョッパースーパー5 [Amazon]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking