タカマツ ミキ

タカマツ ミキ

17

#stayhome 家で楽しもう!
ルーミーは自分たちの得意な「部屋ごもり」のアイディアやノウハウ、
おすすめアイテムをシェアしていきます。


みなさんは、アウトドア用品の収納ってどうしていますか? 

今回は筆者がいつもアウトドア用品を収納している、あるBOXについてご紹介します!

お手頃価格なのが嬉しい!

アイリスオーヤマ RVBOXシリーズ「RVBOX400」 グレー/ダークグリーン 1,628円(税込)

私が使っている収納BOXは、アイリスオーヤマの「RVBOX400」というアイテム。さまざまな大きさや種類のボックスを展開するRVBOXシリーズのうちのひとつです。

アウトドアブランドの収納ボックスと言えば、いいお値段がすることが多いですが、このシリーズは価格帯がお手頃です。例えば私が愛用している「RVBOX400」は1,628円(税込)なんです。

私自身、このプライスに大きな魅力を感じて購入しましたが、このボックスの魅力は値段だけではありません。

価格以上の抜群の収納力

「RVBOX400」は、幅約42cm×奥行約37.5cm×高さ約33cm(製品外寸)というサイズ感。

実際にどれくらい入るのか?

例えば、ガスランタン、ストーブ、OD缶、テント一式、枕、寝袋などのキャンプ一式セットを入れてみると……。

これらすべてが収納できます! 底が深いので意外と量が入ります

アウトドアチェア代わりにもなるんだ

耐荷重約80kgのボックスなので、キャンプでチェアが足りなくなったときにも、これがあれば座れます。

座り心地は硬いけれど、大きさが丁度良く、安定感があります。

雨に濡れたら困るアイテムの収納にもおすすめ

以前キャンプの準備中に大雨が降ってきた際は、「RVBOX400」の表面が雨でびしょ濡れになっていたことがありました。

寝袋を入れていたので「濡れたら大変!」と思い、急いで中身を確認したところ、まったく濡れておらず安堵した記憶があります。

「RVBOX400」の蓋は本体をしっかり覆う造りなので、急な雨が降った時にもしっかりと中の荷物を守ってくれます。

「より防水性を!」という方には、パッキン材を採用している「密閉RVBOX カギ付 460」をチェックしてくださいね。

残念なところ:使っている人が多いかも

唯一、残念だと感じるのは、手頃価格がゆえに愛用者が多いということ。

全く同じ「RVBOX400」を持っている友人とキャンプをしたときに、気付かないままに友人の「RVBOX400」と入れ替わってしまっていたこともあります。

この時は友人同士だから連絡が取れたのですが、万が一知らない人と入れ替わってしまっていたら……と考えると、注意が必要です。

ステッカーなどの目印を貼っておくと、他の人との区別がしやすいので、おすすめです。

自分の所有している用品に合わせたサイズ選びを!

アイリスオーヤマのRVBOXシリーズは、豊富なサイズ展開も魅力。

そのため、自分が持っているアイテムの量に合わせたサイズ選びができるんです! もちろん、アウトドア用品以外の収納にもおすすめですよ。

私はこのシリーズを気に入りすぎて、「RVBOX800」という大きいサイズも購入済。このサイズは車の工具類を入れておくのに便利なんですよね。常に車載していますよ~!

アウトドア収納にお悩みの方は、手頃価格なのに機能的な「RVBOXシリーズ」を、チェックしてみてはいかがでしょうか?

アイリスプラザ RVBOX

あわせて読みたい:

タカマツ ミキ

北海道在住のアウトドアライター。普通のキャンプより“ガチなキャンプ”が大好き野生女子。趣味は料理・一眼レフ・オフロードバイク・三菱JEEP・猫。将来は自給自足の生活がしたい。

feature

ファッション小物やアウトドアグッズ、キッチン周りのあれやこれ…。いつだって欲しいものは尽きないから、暮らしのスペースを確保するための“収納術”は、しっかり身につけておきたい。 できるだけ自分らしく暮らしをカスタマイズするための、ROOMIEライターたちの一工夫をご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking