Kanro

Kanro

#stayhome 家で楽しもう!

ルーミーは自分たちの得意な「部屋ごもり」のアイディアやノウハウ、

おすすめアイテムをシェアしていきます。


おうちで過ごすことが増えてくると、少し気になるのが健康面。

いつものように無印良品のネットストアをディグっていたら、なにやら見慣れないドリンクを発見

ちょうど良品週間で収納用品を買うところだったので、迷うことなく一緒に注文しちゃいましたよ。

カラフルなニューフェイス

無印良品「フルーツとハーブのスムージー 各種」250円(税込)

無印でスムージーが買えるなんてちょっと驚きですが、ハーブも入ってなかなか本格的な感じです。

着色料や保存料不使用とのこと。無印らしからぬカラフルさも果物の自然な色合いなんですね。

定番のフルーツに加えて、ターメリックやシナモンなどスパイスが入っているのが気になります。

ハーブの香りが癖になる

まずは、ジュースではあまり見かけないビーツの入った「いちご・ビーツ・タイム」を飲んでみました。

素材が底にたまっていそうなので、よく振ってから開けます。

グラスに開けると、すでにイチゴの香りが。

イチゴの甘酸っぱさにビーツのほろ苦さが混ざって、新鮮なフルーツサラダを食べているような味わいが癖になります。

一番最後に香るタイムのおかげで、後味も爽やかですよ。

ボトルの口が大きいので、そのまま飲んでもしっかりと香りを感じられます。

飲みきりサイズなので持って出かけるにもよさそうですね。

果物たっぷりでうれしい

最近はコンビニでもこの手のドリンクをいろいろ見かけますが、ブドウ糖液が一番多くて果汁が少しだけのものもあり、フルーツ好きとしてはちょっとガッカリ。

ですが、このスムージーは野菜や果物が主役! という感じがしっかりあって、かなり満足感がありますよ。

「バナナ・マンゴー」だけ果汁が少ないのは、果物だけだと濃厚すぎて液体にならないんじゃないかな、と思ったり。

甘酒が南国フルーツのまったりした甘さにぴったりマッチしているだけでなく、とろみもあってけっこうお腹にたまります。

ワンランク上のお料理チャレンジに、どう?

なんだか「飲むチャツネ」みたいな原材料なので、カレーの隠し味にもいけそう……と入れてみたら大正解! 

甘さとコクがでて、おうちカレーが一気に本格的な味わいになりましたよ。

ジンジャーのピリッと感がアクセントの「オレンジ・にんじん・ジンジャー」はパウンドケーキに、焼きりんごやグリューワインを彷彿とさせる「りんご・ぶどう・シナモン」は肉の煮込み料理にといろいろアレンジできそうです。

家で過ごすことの多いこの時期は、ちょっと凝ったお料理に挑戦するのも楽しいですよ。

残念なところ:毎日飲むにはちょっとお高め

他にはない味にハマってしまいましたが、このサイズ(235g)で250円だと毎日続けるにはちょっとお高いかな……。

良品週間中に買っておいて、特別なときのお楽しみにしようと思います。

1杯のスムージーを朝ごはんにプラス

しっかり朝ごはんを取った方がいいとは分かっていても、忙しいとパン1枚ですませちゃうなんてことも。

スムージーなら果物と野菜が手軽にとれるので、在宅時間の長さに伴ってすこし偏りがちになる食生活にプラスするのもオススメですよ。

「朝のフルーツは金」なんて言いますもんね。

フルーツとハーブのスムージー[無印良品]

あわせて読みたい:


Kanro

果物ともちもちした和菓子が大好物です。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking