ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

5
インドアからアウトドアまで、数多くのアイテムレビューが揃うROOMIE。その膨大なアーカイブの中から、これから迎える「新生活」に役立ちそうな記事を、編集部がピックアップします。


一人暮らしでは、食べ終わったあとの食器は自分で洗わねばなりません。

しぶしぶ食器を洗ったあとは、水切りカゴの下、バスケットに水が滴りますよね。

でも、しばらく放置していると、いつの間にかカビが生えていたり、水アカがついていたり……。

頻繁に掃除をするとなると、それはそれでバスケットや食器をどかす必要があり、かなり面倒です。

少し斜めで掃除が不要

斜行板

じゃあそもそも「水を溜めなければいいだけなのでは?」と言わんばかりの便利アイテムが無印良品にありました!

それがこの「流れる向きが選べるステンレス水切り用傾斜トレー」。

元々傾斜がついているので、シンクに向けて勝手に水が流れてくれるという優れ物です。

無印のバスケットとピッタリフィット

たて

大きさは2種類あり、今回は小さい方を使用しております

そこで同じく無印良品の「ステンレスバスケット 小」と組み合わせると、ピッタリなサイズ感です。

とは言え、そこまで小さい訳ではないので、数人で暮らしている方にも使用感抜群

本当に水が勝手に流れた!!

水が流れる

傾斜がついたくらいでどのくらい変わるのか最初は疑問でした。しかしご安心ください、勝手に流れます

実際に使ってみると、「すげー!」と思わず口にしてしまうほど。

これで掃除する手間も大幅に減り、カビとはおさらばです!

残念なところ:水量が少ないと、水アカが…

残念なところ

ある程度の水量だとかなりスムーズに流れて、その便利さに感嘆の声を漏らしてしまうほどでした。

しかし水滴程度だとうまく流れず、放置していると水アカが付いてしまうことも……。

なので、撥水スプレーをかけて、もはや無敵にしています。

食器用洗剤で水アカ対策!

乾拭き

もちろん、どんなご家庭でも簡単にできる水アカ対策もありますのでご紹介。

食器用洗剤を活用すればカンタンに水アカ対策が可能なんです。

まずは水気を取るために、乾いた布で乾拭きをしましょう。

洗剤垂らす

水気を拭き取ったら、次に食器用洗剤を1,2滴垂らします。それを薄く全体に伸ばせば、完成

また水アカが出始めたな、と感じた頃に再びこの作業をして頂けたら水アカともおさらばですよ。

狭いキッチンにもフィット

水切り板

縦にも横にも出来るので、水を流す方向が自由自在。なのでどんなキッチンにもフィットしますよ。

横でも

今回ご紹介した「流れる向きが選べるステンレス水切り用傾斜トレー」は、今回使用したサイズ(約39.5×27.5×3cm)で税込1,990円

それともう一つ大きいサイズ(約46,5×31×3,5cm)は税込2,990円で販売しているので、ご自宅のキッチンの形に合わせたものをお試しくださいね!

家事初心者は食器洗いがしっかりできればそれだけで100点満点。カビ問題などはこういうアイテムにアウトソーシングしちゃいましょ。


※本記事は2018年3月05日の記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by はるきち

流れる向きが選べるステンレス水切り用傾斜トレー[無印良品]

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking