マツザキ チアキ

10

暖かくなって、春らしい空気に包まれる今日このごろ。

ですが、遠出したくなる気持ちはグッとこらえて、外出は日用品の買い物など、最小限にとどめています。

そんな状況で、短時間の外出でストレスなく履けて、本格的な外出ができるようになっても役立つとあるシューズが、私の毎日を助けてくれています。

3年目の相棒

ナイキ 「エアリフト ブリーズ」 10,450円(税込)

私がもう3年間連れ添っている、Nikeの「エアリフト」

編集部に入る以前は立ち仕事をしていて、階段の上り下りが発生したり、重い荷物を運んだりと走り回る毎日。

かなりハードな仕事で、クッション性にあまり優れていないスニーカーだと、足の疲れが溜まる一方でした。

そんな時に、当時の先輩がおすすめしてくれたのが、この「エアリフト」。

実際に履いて感じるノンストレスっぷりは、即購入を決断させるほどの感動だったのです。

軽快に歩ける

ストレスを感じない理由のひとつは、その“軽さ”

エアリフトは履いてる感覚がとてもうすく、それまでのスニーカーに感じていた重みはほとんど感じませんでした。

コンバース 「オールスター OX ALL STAR OX RED」

スニーカーの重さに原因があったのかも?と、試しに当時履いていたのと同じモデルのコンバースとエアリフト、それぞれの重さを量ってみると約140g(文庫本1冊分ほど)の差が

この軽さ以外にも、Nikeならではのふわっとしたクッショニングも、足の負担を少なくしてくれた要因だと思います。

足を覆うメッシュ素材は通気性にも優れているので、夏場に履くのが楽しみになってきますね。

スムーズに履ける

もうひとつの嬉しいポイントは、シューレースではなくベルクロを採用しているところ。

シューレースだとスムーズな脱ぎ履きがなかなかできなくて、玄関でタイムロス発生なんてことは日常茶飯事。

その分、ベルクロをつかった「エアリフト」は着脱がスムーズ

さらに、靴下によって足の厚みが変わる場合や、足がむくんでしまったときには、足の甲とヒールのベルトで調整できるので、いつだってピッタリな装着感を得られますよ。

座敷席や、ビニールシートに座るときなに人を待たせることがないので、そのたびに「とても気が利く靴だな~」と感心していました。

残念なところ:指割れソックスがいいかも…

靴下を履くなら気を付けないといけないことが1つ。

エアリフトはつま先が足袋のように分かれているので、普通の靴下を履くと親と指の間に食い込んでしまいます。

気になる人は、5本指ソックスのように指が分かれているものをオススメしますよ。

いろんなシーンで大活躍

すこし変わったデザインだからといって、コーディネートに迷う必要はありません。

私は合わせやすい黒を選びましたが、白なども販売されているので、自分の持っている服に合いやすいモデルを選べます。

素足で履くときは、甲の日焼けにご注意を……!

スーパーへのちょっとした買い物から、友人とカフェ巡りへ行くときなど、活躍できる場所はさまざま。

今はたくさん人がいる場所を巡るのがなかなか難しくなっていますが、この状況が落ち着いたら、また私の足を支えてくれるスタメンシューズとして活躍してもらうつもりです。

あわせて読みたい:


マツザキ チアキ

ROOMIE編集アシスタント|大阪から来ました|服と食とお笑い(漫才)とライブとフェスと瀬戸内海の島がだいすきです。はやく島に移住したいです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking