きむ(ら)

きむ(ら)

5

小さいお子さんがいらっしゃる方は使っている方も多いかと思いますが、ベビーキャリアって本当に便利です。

これがあればだっこやおんぶが非常に楽になるので、なかなか手放せませんよね。

ただ、子どもって気分がコロコロ変わるので、急に「歩く!」モードになってしまうと使わなくなったベビーキャリアが意外とかさばるなんてことも……。

モンベルのベビーキャリアはポケッタブル!

mont-bell 「ポケッタブル ベビーキャリア」 5,900円(税込)

だったら、使わないときはちっちゃくまとめてしまえばいい!

モンベルのベビーキャリアはその名の通り、使わないときには小さなポーチのようになるスグレモノなんです。

全体的なイメージとしては、ベビーキャリアで有名なエルゴベビー(Ergobaby)のベビーキャリアを全体的に薄くした感じの形状。

モンベルのロゴが小さく入っているだけのシンプルなデザインで、男女ともに使いやすいデザインです。

ストラップもしっかりしていて、体にフィットさせることが可能に。

写真は生後半年の子どもを入れて撮影していますが、ストラップでサイズを調整できるのも嬉しいところ。

たたむと非常にコンパクトに

たたみ方はショルダーハーネスなどを中心に寄せるようにして、小さくクルクルまるめていきます。

そして最後は広げているポケットに本体を入れ込んでいきます。はじめはやり方がよく分からず戸惑いましたが、一回できれば次からは簡単。

一般的なハードカバーの本くらいのサイズにまとまってしまうので、これは普通のベビーキャリアを使っている人からすると、本当にビックリすると思います。

使い心地は? 他のベビーキャリアと比べてみると…

おそらく日本で一番普及しているベビーキャリアだと思われる、エルゴベビーのベビーキャリア。

全体的に作りがしっかりしていて、とっても使いやすいアイテム。

ショルダーハーネスも分厚くて、子どもが大きくなってきても肩に負担がかかりにくくなっていますね。

ですが、弱点はその大きさ。使わないときにかさばってしまうんです。

使わないときに腰の部分だけ付けてだら〜っと垂らしている方をたまに見かけますが、その気持ちよく分かります。

次はコニー(Konny)の抱っこ紐。最近は街なかでも使っている方をよく見かけますね。

その特徴はなんと言っても薄さと軽さ!また、伸縮性の高い素材が使われているので、フィット感にも優れています。

ただ可変のストラップはなくサイズが固定されてしまうので、夫婦で同じものを使おうとするとちょっとサイズ感が合わずに困ってしまうことも……。

サイズと重さは「エルゴベビー>モンベル>コニー」となっています。

モンベルのベビーキャリアはコニーよりは重いものの、それでも軽い。

そしてエルゴベビーよりも快適性は落ちるものの、それでも不便とは感じないくらいの使い心地です。

まさに、バランス型のベビーキャリアといった感じですね。

子どもの頭もしっかりガード

子どもの頭をガードしてくれるカバーもちゃんと付いているので安心。

大きくなってくるとあまり使いませんが、子どもが小さいときにはこのカバーがあるととっても助かりますね。

ポケッタブルというとても素晴らしい特徴だけでなく、使いやすさにも手が抜かれていない本当に便利なベビーキャリア。

我が家の子育てにおける力強い味方となってくれています。

ポケッタブル ベビーキャリア[mont-bell]

あわせて読みたい:


きむ(ら)

ICT企業に勤めるサラリーマン 兼 4歳児&1歳児(共に娘)の父親 兼 けん玉チーム「damassy」のメンバー。 趣味は旅行とカメラとけん玉。

feature

荷物は最小限に。肩の力を抜いて、足取り軽く爽やかに街中を歩きたい。そんな「ちょうどいい」スタイルをご紹介。思い切って身軽にすれば、ほら、いつもの景色も違って見えてくるかも!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking