osio

osio

3

#stayhome 家で楽しもう!
ルーミーは自分たちの得意な「部屋ごもり」のアイディアやノウハウ、
おすすめアイテムをシェアしていきます。


春がきましたね。

季節の変わり目、ゆらぎ肌に悩む人も多いのでは?

そんなときに欠かせないのが普段のスキンケア!

今回は、どちらもシンプルなパッケージで、値段的にも手を出しやすい無印とイハダ(IHADA)のスキンケアアイテムを比較してみました。

無印とイハダ、1週間ためしてみた

こちらが、無印良品の化粧水と乳液。

無印良品はスキンケア用品の品揃えが豊富で、目移りしてしまいますよね。最近は「拭き取り化粧水」も出ているらしく、とっても気になっています……。

わたしは化粧水・乳液ともに「敏感肌用しっとりタイプ」を愛用しています。
岩手県釜石の天然水を使用していて、デリケートな肌にも使えるそうですよ。

そしてこちらが、最近話題のイハダ(IHADA)の化粧水と乳液です。

イハダは資生堂から出たブランド。
敏感肌の人や小さい子どもでも安心して使える「低刺激設計」で、成分処方にもこだわっているんだとか。

ちなみに化粧水は「しっとり」「とてもしっとり」から選べます。
最近、部分的な乾燥に悩んでいたので、わたしは「とてもしっとり」にしました。

無印は、見た目サラサラ・馴染むとしっとり

まずは無印から。

化粧水は、かなりサラサラとした質感です。ほとんど水に近いかも。

たくさん付けて試したくなる質感ですが、実際に肌になじませてみると、しっとりとうるおいを与えてくれます。
意外と少量でも大丈夫そう。

無印の乳液はトロッとしたテクスチャー
出してみた感じだと、ほとんどべたべた感がありません。

肌になじませてみると、スーッと消えていきました。
べたべたしないのに、なじませた後の肌をさわってみると、しっかり指の腹に吸いついてくれます。

香りもまったく感じません。さすが無印。

イハダは「がっつり保湿したいとき」に

では次に、イハダの化粧水・乳液を。

化粧水は無印に比べるとトロッとした質感ですが、べたつきはありません。
肌に伸ばすとスーッと消えていきました。

この段階でもけっこうモチモチとした肌になります。
配合されている高精製ワセリンのおかげかも?

イハダの乳液は、かなりドロッとしています。
ちょっとべたつきますが、肌になめらかに広がっていき、ちゃんと全体になじんでくれました。

しっとりするのにべたつかない、とパッケージには書いてありますが、無印に慣れている人は気になるかも。
苦手な人は、少量から付け重ねてみると良さそうです。

ちなみにわたし、唇のまわりの乾燥に悩んでいたんですが、イハダを使い始めてから4日後に解消しました!

あくまで個人の感想ですが、わたしにはイハダが合っていたようです。

パウダーファンデーションを叩き込んでも粉が拭かなくなりました。
うれしいなぁ……。

気になるお値段と内容量は?

並べてみるとこんな感じ。

無印の大容量サイズは400mlで各980円(税込)。
イハダは化粧水が180mlで1,500円、乳液は135mlで1,600円(税抜)です。

イハダのほうがちょっとお高めですが、両方お手頃価格ではありますね。

それぞれ良いところがある、無印とイハダのスキンケア商品。

気になった方はぜひためしてみてください!

あわせて読みたい:


osio

都会生まれ、都会育ち、めぐりめぐって今は長野県在住。毎日を豊かにしてくれるアイテムにときめきます。ビールと日本酒がだいすきです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking