むく太郎

1

#stayhome 家ごもりを楽しもう!
ルーミーは「おうち時間」を快適に過ごす
おすすめアイテムやノウハウをシェアしています。


洗濯機を回した直後なのに、「こぼしちゃった~!」宣言とともに発覚するシミ汚れ

どうにかしたいけど、シャツ1枚だけのためにすぐ洗濯するのは躊躇します。

子どもに限らず、自宅で飲み食いをする機会が増えた大人にもいえること。

そそっかしい筆者は、食事後などにコーヒーをこぼします。黒い一滴が、おろしたての白シャツについてしまった時の悲しみは、もう……。

ハンディ洗濯機というアイテム

そんな「急なシミ汚れ問題」を、手のひらサイズアイテムが解決してくれました。

ハイアールの新ブランドとして創設されたAQUAより販売されている、ハンディ洗濯機の「COTON(コトン)」です。

色のついた飲み物だけでなく、油分が多い食べこぼしのシミ汚れにも、ものすごい威力を発揮します。

単4電池3本で駆動

本体は、長さ17.6cm×直径4.6cm、重さ約200gと持ち運びにも便利なサイズ感

電源は単4電池(別売)3本で駆動します。

セットしたら、さっそくダイニングでの洗濯をしていきましょう。

用意するもの

用意するものは、こちら。

  • 本体
  • 付属マット
  • キッチンペーパー
  • 綿棒1本
  • 液体洗濯洗剤

本体とマット以外は、自宅にあるであろう身近なものばかりです。

選択、開始

まず本体からボトルを取り外して、水を注入。

注水したボトルを本体に取りつけて、ヘッドの保護カバーもしっかり装着すれば機械のセッティングは完了です。

汚れた衣類を裏返しにして

続いて衣類。

洗濯物を裏返し、キッチンペーパーを付属マットに重ねます

こんな感じで、汚れの下に来るように敷いてあげましょう。

続いて、綿棒を使って汚れに対し、液体洗濯洗剤を覆うように塗っていきます

塗り込むというよりも汚れを洗剤で閉じ込めるような感覚ですね。

いざ、洗濯開始

さっそく「コトン」の出番です。

ヘッドを汚れの位置に合わせ、スイッチオン! 勢いよくたたき洗いが始まります

汚れの外側から中央に寄せるイメージで、ヘッドをスライドさせていきましょう。

少ししたらキッチンペーパーの位置をずらすのをお忘れなく。

たたき洗い開始約1分後

水を噴射しながら、汚れをたたき洗いすることで、キッチンペーパーに汚れを吸収させていきます。

汚れの度合いにもよりますが、約1分ほどで汚れが目立たなくなってきました

手のひらのなかの洗濯、終了

さぁ、ハンディ洗濯が完了しました。

こぼしてしまったコーヒーのシミが、ほとんど気にならないまでに!

汚れは付着後10分ほど経っていましたが、これは想像以上です。

こうしたシミ汚れは時間が経つと落ちにくくなるので、汚れた直後に簡単に対応できるのは心強い。

残念なところ:準備に手間がかかる事

とはいえ、準備に必要なモノが多いのは少し面倒なところ。

水道代などはかかりますが、洗濯機はスイッチひとつで済みますからね。

スーパーサブ的な存在と考えたほうが良さそうです。でも、これを持っているだけで不思議な安心感がありますね。

これが2,000円以下で買える…

突発的なシミ汚れの悲しみもなかったことにしてくれる「コトン」ですが、2,000円以下で販売されていることがほとんど

価格も手頃なので、お財布にもやさしい。

やんちゃ盛りの小さなお子さんがいる家庭だけでなく、一人暮らしの方でも、1台あるだけで重宝するはず。

ハンディ洗濯機COTON[AQUA]

あわせて読みたい:


妻が一軒家でパン屋を開業することをきっかけにDIYを始め、次第にのめり込む。 工具の持ち方も知らない状態から、ハンドメイド家具の販売、店舗改装、什器製作、メディアでの執筆やTV番組の制作協力も行う。 2019年から、登山やキャンプなどアウトドアフィールドでの活動も拡大。 「自作のアウトドアギアでキャンプをもっと楽しく」が最近のテーマ。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking