ナガソクミコ

ナガソクミコ

3

春になると、新たしいスニーカー買うのが恒例の私。

コンバースのようなオーソドックスなタイプが好みではありますが、今っぽいデザインのスニーカーも気になるところ。

手頃でかっこいいスニーカー、見つけた!

ムーンスターの810s STUDEN

ムーンスター「810s STUDEN」5,500円(税込)

そんな中出会ったのが、日本のスニーカーの老舗メーカー・ムーンスターの新ライン「810s(エイトテンス)」!

なんと、どのモデルも税込5,500円という手の出しやすい価格。

スニーカー初心者なので、あまり高額なのはちょっと買いにくいな……と思っていて、これはうれしいちょうどよさ。

プロユースのシューズがモチーフに

ムーンスターの810s STUDEN

こちらの「STUDEN」というモデルは、スクール用のグランドシューズがモチーフ。

他のモデルも、コックの厨房用病院の看護師用など、プロユースのシューズをデザインソースにしており、長年のムーンスターの靴作りの技術が生かされているのだとか。

ムーンスターの810s STUDEN

分厚いソールが、歩きやすさや走りやすさもバツグン。

かかとには夜間でも履けるようにと、反射材が入っています。暗い夜道にキラッと光るのがなんだか楽しい……。

ムーンスターの810s STUDEN

ソールの裏部分は、あまり環境のよくない路面にも対応できそうな仕様。

履き心地もかなり軽く、ウォーキングやジョギングにも使えるかもな〜。

日本人の足に合わせた設計

ムーンスターの810s STUDEN

日本人の足幅に合わせた幅が広めの作りも、うれしい人が多いのでは?

ちなみに「810s」という名前は、日本語の「腹八分目」から名づけられているのだそう。

「腹八分目」=「ちょうどいい」という意味で、だから履き心地もよく、リーズナブルなんでしょうか。

履くだけで気分が上がるな〜

ムーンスターの810s STUDEN

購入前はカジュアルすぎないかな〜と心配でしたが、履いてみると、いろいろな服に合わせやすい

明るいホワイトカラーが春らしく、今っぽい雰囲気が出るような。

ムーンスターの810s STUDEN

控えめなムーンスターのロゴもいい感じ。

靴紐をゆるめておけば、脱ぎ履きするときに改めて靴紐を縛り直さなくていいのも楽チンです。

人気のため、なかなか購入できない

ムーンスターの810s STUDEN

たまたま公式オンラインショップで購入できたのですが、人気のため品薄状態なのが残念……。

再生産しているので、気になる方は次の入荷を待つのがいいかもしれません、

日本のものづくりっていいな…

ムーンスターの810s STUDEN

実はずっとムーンスターが好きで、他のスニーカーも愛用中。

日本人に合う靴の形、そして何より頑丈で長持ちするんですよね。

2足目のムーンスターを購入して、やっぱり日本のものづくりっていいな……と改めて感じたのでした。

810s STUDEN[ムーンスター]

あわせて読みたい:


ナガソクミコ

1983年旭川市生まれ。高校卒業後東京にて、野外フェスのスタッフや自然食品店、古本カフェ、アウトドア雑誌編集部などを筆頭に、ありとあらゆるアルバイト経験。2016年に旭川市にUターンし、古い商店をリノベーション中。民泊×編集事務所「あさひかわ編集室」を主宰。Airbnbホストもやっています。https://www.airbnb.jp/rooms/20954739

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking