ROOMIE編集部

ROOMIE編集部

3
インドアからアウトドアまで、数多くのアイテムレビューが揃うROOMIE。その膨大なアーカイブの中から、これから迎える「新生活」に役立ちそうな記事を、編集部がピックアップします。


新生活のために借りた賃貸の玄関は、数ヶ月もすると増えた靴でごちゃごちゃに……。

好きな靴を買うのはいいのですが、帰宅して直面するのが「どこに収納するの問題」なんですよね。

そんなストレスを恐れる人にオススメしたい収納アイテムを見つけました。

奥行きたったの18cm!

シューズラック(3ダンWH) 1,990円(税込)

アイテム名は「シューズラック」(3ダンWH)

サイズがたったの幅45cm×奥行き17.5cm×高さ60.5

一人暮らし用の我が家の玄関は、かなり狭いので、シューズラックを置くことをあきらめていたんです……。

実際に置いてみると、こんなにコンパクト! 

おかげで玄関の靴を見て、ため息をつく日々からおさらばしましたよ。

機能性の秘密は、ナナメ構造にアリ

何故こんなにコンパクトなのか?秘密は、「ナナメ構造」にありました。

靴を載せる台が、靴が落ちない程度に絶妙にナナメになっているんです。

おかげで不要な奥行きが発生していないんですね。

構造上、靴は横から出し入れするようにしましょう。

3段構造で、なんと最大9足が収納できちゃう

目安は、男性用の幅を取る靴で1段2足

女性用の幅狭の靴で1段3足が収納できます。

かさばりがちなショートブーツでも6足収納できるみたいなので、心強いですね~。

組み立てがカンタン!

組み立てに、追加で工具の購入等は不要です。

ただ、ブロックのようにハメていくだけ。

説明書嫌いな私でもストレスフリーに組み立てることができました。

連結させてもいいね~

今回私が購入したのは1つだけですが、靴が多い人は、2個購入して、横に2列繋げて使うのもオススメですよ。

一段抜いて、2段ラックで使うことも可能なので、使う人によって色んな姿を見せてくれそうです。

軽い素材で、水はけも良し!

主な素材は「ポロプロピレン」

軽くて、水はけが良いため、持ち運び楽チンで、置く場所を選びません。

濡れた靴も安心して置いておくことができますね。

残念なポイント:ブラックがあればいいのに…

私が今回購入した色は「ホワイト」。

使ううちに、汚れが目立つようになるのでは? と少し心配しています。

その他、茶色の展開もありますが、個人的には安っぽく見えないブラックがほしい……。

マガジンラックにもなるんだよ

このシューズラック、なんと「マガジンラック」として使うこともできるんです!

サイズが大きいために、本棚から溢れてしまいがちな雑誌なども問題なく入りますよ。発想次第で、色んな場所のごちゃつきを打破してくれそうです。

2020年3月現在、ニトリでの販売は終わってしまったようですが、類似するアイテムは色んなメーカーから出ているので、ぜひ自分にあったラックを探して、玄関スペースを有効に使ってみて下さいね!


※本記事は2019年2月28日の記事を再編集して掲載しています。

Text and Photographed by 浅田よわ美

あわせて読みたい:


ROOMIE編集部

ROOMIEエディターたちが研究員となり、最新のアイテム情報を収集したり、みなさんの部屋を訪問。好奇心を刺激する「暮らしとスタイル」にまつわるすべてのことを研究していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking