Kanro

Kanro

8

モノが多くてごちゃついて生活感が出がちなキッチン。その一因は、水切りかごにあるかもしれません。

食洗器の導入をきっかけにかごを撤去したところ、予想以上にスッキリ。「結構な存在感があったんだな~」と実感しました。

とはいえ、大きな鍋など食洗器に入らないものもあるわけで……。

かごの代わりになるものを色々と検討していたんです。

タオルでコンパクトに

ジョージ・ジェンセン「ダマスク キッチンタオルティータオル」¥1,559(税込)

たどり着いたのは、ジョージ・ジェンセンのティータオル

厚手大判の「布」というなんとも原始的なアイテムですが、長く愛されるだけあって、使い勝手のよさに感動しています。

お鍋もお任せの大判サイズ

大きさは80×50cm。一般的なフェイスタオルと比べると長さはそのまま幅が広くなった感じです。

26㎝のフライパンや大型の両手鍋も余裕を持って並べられますよ。

シンプルだから変幻自在

ティータオルの長所は、長さや幅の融通が利くところ。普段は半分にたたんで、大物置き場に。

細々したものを並べたいときは広げて使っていますよ。

番外編として、バスケットの目隠しやホコリ避けにも使えて万能です。

快適さの秘密は織りにあり

平織よりもクッション性があるワッフル生地。固いマットよりも安定感があるので断然気に入っています。

特にたたんで2枚重ねにすると大事なお皿もしっかり守ってくれますよ

厚手で吸水性も抜群なので大物をがしがし拭いても、びしょびしょになりません。

綿100%でじゃぶじゃぶ洗えて、乾きも早いので清潔を保てます。

残念なところ:使う前にひと手間かけて

届いたら即使いたいところですが、そのままだと水を吸いづらいようなのでまずは水通しが必要です。

タグに書いてあったように一晩水に浸け、60度のお湯に浸してから干したところ、気になっていた匂いも消えてくれました。

収納のよさもポイント

地味に気に入っているのが、タグが長辺・短辺の2か所についているところ。どの向きでも引っ掛けられて便利でした。

ブルー系を選びましたが、他の色も絶妙なニュアンスカラー揃いでキッチンの雰囲気も明るくしてくれますね。

洗濯を繰り返すことでどんどん馴染んでより使いやすくなるそうなので、長く愛用していきたいと思います。

ジョージジェンセン [公式サイト]

あわせて読みたい:


Kanro

果物ともちもちした和菓子が大好物です。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking