osio

osio

5

鍋に入れそびれた白菜、買ったはいいけど使うタイミングを逃したプチトマト。

中途半端に余ってしまった「残り野菜」たち、簡単に一品になってくれないかなぁ……と思ったこと、ありませんか?

私たちのワガママを叶えてくれるアイテム、ついに見付けちゃいました!

ソーダガラス製の浅漬け鉢


KINTO 浅漬鉢 1100円(税込)(Amazonでの価格)

最高アイテムがこちら、KINTOの「浅漬け鉢」

キッチンウェアメーカーのKINTOが作った、ソーダガラス製の浅漬け鉢です。

フタのように見えるのが「重石」の部分。

コロンとしていて可愛く見える重石は、ガラス製ということもあって、ずっしりと重みがあります。

総重量が約695gというところからもおわかりいただけるでしょうか?

残り野菜と塩を入れるだけ!

使い方はとっても簡単。

冷蔵庫にある残り野菜(なんでもOK)を切り刻んだら……

材料の総重量にたいして2~3%の塩を入れて……

重石を乗せて、しばらく放置するだけ。

早く漬かるものであれば、1~2時間でサッパリとした「浅漬け」が完成するんです!

残り野菜を適当にパパッと放り込んでおくだけで、平日の「もう一品」が生まれるとは……。

共働き家庭にはとてもありがたいですね。

そのまんま食卓に出せる

シンプルでおしゃれな浅漬け鉢なので、そのまんま食卓に出せちゃうのも魅力。

Sサイズが一度に漬けられるのは、きゅうりにすると約1本分。
一度に無理なく食べきれる量というのも嬉しいポイントです。

もちろん食洗機にもかけられちゃいます。

ガラス製でニオイ移りが少ないので、洗い終わってすぐに使うことも可能。

我が家では、かなりの頻度で浅漬け鉢に活躍してもらっています。

いつもありがとう、浅漬け鉢……。

密閉できないのはちょっと残念

重石と器はぴったり閉まるわけではないので、密閉はできません。

わたしはちょっと気になるので、実際に漬けているときは重石の上からラップをかけています。

もう野菜を余らせない!

朝ごはんのお供にも、おつまみにも、ちょっとした副菜にもなっちゃうのが、浅漬けのいいところ。

冷蔵庫の残り野菜と塩をササッと漬けて、あなたも浅漬けライフを楽しんでみませんか?

KINTO 浅漬け鉢(S)[KINTO]

あわせて読みたい:


osio

都会生まれ、都会育ち、めぐりめぐって今は長野県在住。毎日を豊かにしてくれるアイテムにときめきます。ビールと日本酒がだいすきです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking