sato

sato

25

暖かくなる頃には、身も心も軽やかにお出かけできるといいですね。

春の外出が楽しみになるバッグをpatagoniaで見つけましたよ。

patagoniaのベルトバッグ

patagonia 「スタンドアップ・ベルト・バッグ 3L」 8,800円(税込)

ウエストポーチのようでもありショルダーバッグのようでもありますが、名前はベルト・バッグ。

どちらの使い方もできます。

はじめの印象はキャンバス素材なのでアウトドア感がそこまでなく、普段着にも合わせやすそう〜ということ。

そしてこのポケットに見えているツルッとした素材、これはデザインではなくTPU(サーモプラスチック・ポリウレタン)フィルムという素材なんです。

このTPUフィルムがあることによって、引っかかることなく物を出し入れできます。

しかもバッグ表面はDWR(耐久性撥水)加工済みで、小雨のこの日もしっかり水を弾いてくれました。

ポケットの心遣いもナイス

かなりシンプルな作りですが、優秀なポケット配置も特徴。

カーブを描いたフロントポケットはバッグをかけたままでもアクセスしやすく、絶妙な角度のおかげで出し入れがスムーズ。

花粉が辛いこの時期はいつでも取り出せるようにポケットティッシュを入れています。

ハイキングなどの外出時なら、行動食を忍ばせてもいいかも。

そしてバッグの背面(体と密着する側)にも、もうひとつポケットが。

自分以外の人からはアクセスしづらいので、貴重品や海外旅行の時のパスポートを忍ばせておくのに最適。

メイン収納部は小さなポーチが2つと、文庫本1冊が余裕で収まるサイズ感です。

残念なところ:スマホを入れると落ちそう

このフロントポケット、場所的にはよく使うスマホを入れておきたい気がするんですが、アクセスのよさを優先しているためふとした時に落ちそうで……。

場所的にここに入れちゃう人も多いと思いますが、ちょっと注意が必要かもしれないです。

春物のコートにもしっくり

キャンバス素材でナチュラルな雰囲気なので、春物のコートにもしっくり。

ベルトもバッグもしっかりした素材なので、サコッシュだと肩が疲れそうなちょい荷物多めの時にも◎

そして貴重品を肌身離さず持ち歩きたい旅行時のサブバッグにも、ぴったり。

こんなバッグがあるとお出かけが快適で楽しくなっちゃいますね。

スタンドアップ・ベルト・バッグ 3L [patagonia]

あわせて読みたい:


sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

荷物は最小限に。肩の力を抜いて、足取り軽く爽やかに街中を歩きたい。そんな「ちょうどいい」スタイルをご紹介。思い切って身軽にすれば、ほら、いつもの景色も違って見えてくるかも!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking