タカマツ ミキ

タカマツ ミキ

6

こんにちは!ガチキャンプが好きなアウトドアライターのタカマツミキです!

みなさんは、マルチツールのメンテナンスは行なっていますか?

購入当初は切れ味がいいものばかりですが、長期間使っていると「なんだか切れ味が悪くなってる…?」と感じる人は少なくないはず。

ビクトリノックス「ダイヤモンドナイフシャープナー」2,200円(税込)

そこで今回は、私が実際に使っている、シャープナーをご紹介します。

刃を研ぐ専用のアイテムがない方は、この機会にぜひチェックしてくださいね〜!

お手頃価格のダイヤモンドナイフシャープナー!

私が購入したのは、ビクトリノックスの「ダイヤモンドナイフシャープナー」というアイテム。あまり高価ではなく、お手頃価格の物が欲しいと思い購入しました。

気になるお値段は2,200円(税込)

マルチツールのメンテナンスが長期間できると考えるとかなりお手頃!

使い方は簡単!斜めにしてスライドするだけ

ダイヤモンドナイフシャープナーは平面が広いため、研ぎやすいのが特徴。使い方は簡単です。

ダイヤモンドナイフシャープナーの平面部分に、マルチツールのブレードをあてます。

このとき角度は20°にしましょう!

そして数回研ぐだけ。メンテナンスが初めてでも、簡単に研げますよ~! 見事、切れ味が復活しました!

残念なところ:大きな包丁は難しい…

試しに研いでみた大きな包丁の切れ味は戻せなかったことが、残念なところ。

ただ、あくまでもマルチツールのブレードをメンテナンスする目的のシャープナーなので、しょうがないっちゃしょうがないんですよね。

マルチツールのメンテナンス用としてシャープナーが欲しい方はおすすめですが、包丁も研ぎたいという方は、包丁専用の砥石の利用をおすすめします!

素材はダイヤモンドとステンレススチールで耐久性が高い

ハンドル部分はポリプロピレン、シャープナー部分にはダイヤモンドとステンレススチールを採用しています。

そのため耐久性が高く、マルチツールのメンテナンスのみであれば、長く使い続けられそうなのが魅力!

私が使っているマルチツールのブレード部分はステンレス製なので、研ぐのが難しいと言われていますが、ダイヤモンドナイフシャープナーを使えば、初心者でも簡単に研ぐことができ、切れ味が復活しますよ!

ぜひマルチツールのメンテナンスのアイテムを探している人は、ダイヤモンドナイフシャープナーをチェックしてくださいね~!

ビクトリノックス

あわせて読みたい:

タカマツ ミキ

北海道在住のアウトドアライター。普通のキャンプより“ガチなキャンプ”が大好き野生女子。趣味は料理・一眼レフ・オフロードバイク・三菱JEEP・猫。将来は自給自足の生活がしたい。

special

いろいろあった2020年も間もなく終わり。大袈裟なことはせずとも、気になっていた部分だけでもきれいにしたり、一方で、日々の暮らしに活躍してくれた道具のメンテナンスも、このタイミングで整えておくと、2021年がいいスタートになるはず。少し面倒なことでも楽しくできる掃除やメンテナンスのコツをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking