OGMAX

OGMAX

16

普段はコンタクトレンズを付けて生活する事が多いのですが、花粉の季節になると予防としてメガネで外出する日が多くなります

日差しが強い日、自転車に乗るときやキャンプやハイキングなどアウトドアを楽しむ時の為に、度付きのサングラスを作ろうかな~と考えるも使うシーンが限定的すぎて躊躇していました。

しかし、ある日ふらりと立ち寄ったJINSでかなり使い心地の良さそうなものを見つけました!

思ったより手軽に作れるんだ!

 JINS CLASSIC-Metal- MMF-16A-185 8,800円(税込)JINS COLOR CONTROL LENS 5,500円(税込)  

JINSのクラシカルなボストン型メガネの華奢なフレーム、かっこいいなと思っていたんですが……。

なんと選んだフレームに+税込5,500円で調光レンズ(カラーコントロールレンズ)を入れることができるのです!

調光レンズの存在は以前から知っていたのですが、意外とリーズナブルな価格で驚きました。

型番やブランド名はつるの内側に小さく入っていて目立ちにくく、上品なフレーム。

室内でかけてみると普通のメガネ

視界も違和感なくちゃんと透明です。

これ、本当に色変わるのか!? と少し心配になるぐらい室内だと普通のメガネだなぁ……。

外に出るとあら不思議

付けて外出すると徐々に暗くなり1分ほどでサングラスに

バッチリ色が変わってくれました。

温度・紫外線量によってレンズのカラー濃度は変わるらしいのですが、気温の高い夏は色が変わりにくく、気温の低い冬の方が色の変わりは早いとのこと。

今ぐらいの時期だと日差しがそれほど強くない状態で1~2分ほどかけて色がハッキリと変わってくれました!

苦手なシーンもあります

透明な状態から暗くなるのは比較的早いのですが、暗い状態から室内で透明に戻るまで大体7~8分ほどかかりました

トンネル、屋内駐車場などの暗い場所に入る際や、夕暮れ時の運転の際は危険ですのでご使用にならないで下さい。

との注意書きもあるので使用する際はご注意を

旅行やアウトドアシーンで重宝しそうだね

出かける時に別でサングラスを持つ必要もなく、掛け替える煩わしさもない

アウトドアシーンや旅行の際に大活躍してくれそうだ

好きなフレームから選んで作ることができるので、JINZでお気に入りの2WAYメガネを作ってみてはいかがでしょうか。

JINS (ジンズ) 公式

あわせて読みたい:


OGMAX

写真と映像を撮ってる人です。アウトドア好きなインドア派。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking