ちゃなまる

ちゃなまる

ここ数年で、すっかり定着してきたワイヤレスイヤホン。持ち運びも楽チンでストレスフリーなので、自分も普段から愛用しています。

とはいえタッチセンサーの反応が悪かったり、周囲の音を完全に遮断しなきゃいけなかったりするところがちょっとストレス……。新しいモノに買い換えたいなぁ〜という誘惑がどんどん押し寄せていたところでした。

そんな中パナソニックから新登場するワイヤレスイヤホンがかなりいい感じだったので、ご紹介します!

登場するのは3種類

音質だけでなく通話性能やタッチ操作のしやすさにもこだわってつくられた、パナソニック初の完全ワイヤレスイヤホン「EAH-AZ70W」、「RZ-S50W」、「RZ-S30W」

音質からデザイン性まで、タイプの異なる3種類が同時に発売されるそう。

先日行われた新製品体験会で、実際に使い心地や音質を試してきましたよ!

本格的な音を楽しみたい人向け「EAH-AZ70W」

Technics EAH-AZ70W オープン価格 税抜31,000円前後

まずはじめに、3種類の中でもっとも音質にこだわってつくられたというモデル「EAH-AZ70W」を試聴。

音質にこだわっているだけあって、約7gと少し重たくずっしりとした着け心地。鏡で見るとイヤホンの存在感は結構強めです。

肝心の音質はというと、完全ワイヤレスイヤホンとは思えないほど。直径10mmのダイナミック型ドライバーを搭載しているので、力強い低音、空間性の広い音を楽しむことができます。

また、ノイズキャンセリング性能も業界最高クラス(※)。周囲の騒音を気にせずクリアな状態から、音楽に没頭できますよ。

機内を想定した視聴ブースではジェット音を模した轟音が流れていましたが、イヤホンをつけるとかなり緩和されるのが分かります。

※国内のノイズキャンセリング機能搭載完全ワイヤレスイヤホンにおいて。JEITA基準に則る。(2020年1月26日時点、パナソニック株式会社調べ)

カラーはブラックとシルバーの2種類。本格的に音楽を楽しみたい方にオススメの最上位モデルです。

オープン価格は約3万円とそこそこしますが、これで自分の好きな曲を再生したら最高だろうな〜。

機能をいいとこ取りできる「RZ-S50W」

Panasonic RZ-S50W オープン価格 税抜21,000円前後

続いて試聴したのは、ノイズキャンセリング機能と高音質のバランスがちょうどよく取れた「RZ-S50W」

カフェをイメージした試聴ブースでは、周囲の話し声のようなガヤガヤ音が流れていましたが、ノイズキャンセリング機能を使うとシーンと静かに

とはいえ電車の中やオフィスでの作業中など、完全に音を遮断してしまうのが不安なときってありますよね……。そんなときは外部の音を拾いながら音楽を再生できるアンビエントモードが便利。

周囲の話し声がハッキリと聞こえてくるので、駅のアナウンスや誰かに話しかけられたときも瞬時に反応することができます。ちなみにアンビエントモードは3機種すべてについているそうです。

こんなに周囲の音の聴こえ方が変わるんだ! と驚いている

ノイズキャンセリング時の静寂とアンビエントモード時の賑やかさは、比較してみると「これ本当に同じイヤホンなのかな……」と驚いてしまうほど。

カラーはブラックとホワイトの2種類。価格も少しお手ごろになるので、ノイズキャンセリングと音質をバランスよくいいとこ取りしたい人にオススメのモデルです。

コンパクトで軽い「RZ-S30W」

Panasonic RZ-S30W オープン価格13,000円前後

今回の新作3種類の中でもっとも軽量でコンパクトなモデルの「RZ-S30W」

小さな耳にもフィットしやすく、イヤーピースもXSサイズまで取り揃えられています。

ノイズキャンセリング機能はついていませんが、その分軽量になっていて着け心地がよかったです。

少しマットな色味のグリーンは女性でも使いやすそうなカラー

個人的には、耳につけているときの見た目の存在感が強いワイヤレスイヤホンが苦手なので、これなら着けやすいしあまり目立たないので気に入りました

カラーはブラック、ホワイト、グリーンの3種類になっています。

タッチセンサーで操作も楽チン

今回発表された3機種は、すべてにタッチセンサーが採用されていて、スマホをポケットから取り出さずにイヤホンをタッチするだけで、ほとんどの操作ができるように。

音楽の再生や音量のアップダウンだけでなく、電話を受ける、拒否するなどの操作もできちゃいますよ。

実際に使ってみるとかなり感度も高く、スマートに音楽操作が楽しめそうでした。

今使っているワイヤレスイヤホンはタッチセンサーの反応が悪く、結局スマホで操作しなければいけないことにストレスを感じていましたが、これならそんなこともなさそう。

かゆいところに手が届くワイヤレスイヤホン

スマホに専用のアプリを落とせば、自分好みの設定や音量、ノイズキャンセリングのかかり具合をカスタムできるように。(ノイズキャンセリングや外音取り込みのレベル調整はなんと100段階!)

また、Bluetooth接続の安定性もバッチリ。左右のイヤホンで同時に受信することで、音の途切れや映像と音声のズレが軽減されているそうです。

他にも、外出先でのハンズフリー通話がしやすいように、風がマイクに直接当たりにくい構造で作られていたりと、細部にまで気が利いた機能が満載。

音質はもちろんいいのですが、何よりワイヤレスイヤホンを使っていて感じる細かいストレスや、不便さが解消されている今回の新機種。今までなかなか買う機会がなかった人にもオススメできる完全ワイヤレスイヤホンですよ。

発売は3機種とも2020年4月の中旬を予定しています。

これから訪れる春の新生活にあわせて、好きな音楽をもっと快適に身軽に楽しむことができるパナソニックのワイヤレスイヤホン。3種類の中からきっと自分のニーズにあった1台が見つかるはずです!

あわせて読みたい:


ちゃなまる

街で暮らし、山で遊んでいます! 珈琲が好きです、どれくらい好きかというとカツ丼くらい好きです。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking