Kanro

Kanro

14

食洗器がほしい、と思ってから早1年近く。

賃貸の我が家は、分岐水栓の工事がNGということで泣く泣く諦めていました……が、工事不要の「タンク式」タイプがあると知り、歓喜。

ついに念願の食洗器がキッチンにやってきましたよ!

早速置いてみる

シロカ「2WAY食器洗い乾燥機 SS-M151」54,780円(税込)にて購入

タンク内蔵ということでゴツいのかな?と思いきや、意外とコンパクト。

幅42×奥行43.5×高さ43.5cmと、一般的な食洗器とたいして変わらないサイズ感です。

使うための準備は、アースをつないでネジで排水ホースを固定するだけ

思い立ったその日にすぐ設置できます(一応分岐水栓用ホースもついてますよ)。

そしで、つないだホースの先端はシンクの中へ。

基本的にこれだけなので、設置するハードルはとても低いように感じます。

いざ、はじめての食洗器体験

内側のノズルが回転して、360度洗浄してくれるとのこと。ワクワクしながら食器をセットしていきます。

2人分の朝&夜ごはんの食器をまとめて収納することができましたよ。

製品サイトには、“家族3人分の食器16点が一度に洗える”との説明もあるので、これなら1日1回のお皿洗いをおまかせできそう。

洗剤をいれたら、付属のカップで水をセット。

満タンになると大き目の音で知らせてくれるので、少なすぎたり入れすぎたりの心配は無用。

乾燥アリの通常コースでスイッチON。この青い文字の液晶がなんだか近未来感があってカッコいいな……と地味に気に入っています。

パワフルな洗浄力に、感動

納豆&キムチを載せて食べたお茶碗も……

つけ置きなしでもツルツルに洗いあがりました! 何度洗ってもぬるつきがちなお弁当箱もスッキリ仕上がって大満足です。

水流や洗剤ももちろんですが、手洗いではできない高温で洗ってくれている効果が大きいのかな、と思ったり。

見た目だけでなく衛生面でも安心ですね。

残念なところ:ちょっと注ぎづらい

注ぎ口がフラットなのと、穴が小さいのとで、慎重に注がないと周りが水浸しに……

毎日のことなので、サッと注げるようにジョウゴを買うことを検討中です。

付属品としてついてくれていれば……と思ってしまう部分ですね。

お手入れで快適に保つ

毎日のお手入れは、使用後にフィルターのゴミを捨てるだけ。

取り外しの手間はありますが、シンクのネットを取り換えるよりはお手軽ですよ。

ゴミ箱に捨てた後、水洗いして乾かしてます。

ノズルのお掃除は月1回なので、これくらいのペースなら続けられそうだなと思ってます。

もうコレなしじゃいられないかも…

大きな鍋やお箸など手洗いが必要なものもありますが、メインの食器をおまかせできるのはやっぱりラク!

その分、趣味の時間を楽しめるし、何より、夕ご飯を食べてまったりモードのときに「あ、でも寝る前に食器を洗わなきゃ……」と我に返らずにすむ開放感がたまりません。

毎日ボタンを押すたびに、買ってよかったな~と実感してますよ。

食器洗い乾燥機 SS-M151 [siroca]

あわせて読みたい:


Kanro

果物ともちもちした和菓子が大好物です。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking