Bon-Masu

Bon-Masu

8

家でも使えるLEDのランタンを欲しいと思いました。

シーリングライトがやけに明るいと感じる時、手の届く距離にほのかな明かり。

良いですよね、バルミューダのランタンを購入しました。

バルミューダのザ・ランタン

バルミューダ ザ・ランタン ¥15,180

ユニークな家電を開発するバルミューダが作った充電式のLEDランタンです。

ハンドルを含む全高が248mm、重量は630g。可愛らしいサイズです。

充電時間は約6時間で、バッテリーによる連続利用時間は最大輝度で3時間、最小輝度で50時間。

アウトドアでの利用も想定して、IP54の防塵・防水性能を実現しています。

とにかく、美しいですね。

使い方も簡単

私が部屋で使っているLEDのシーリングライトは、明るさと色味の2軸の調整をリモコンで行います。

こんな2軸の調整が可能な製品って多いですよね。

バルミューダのランタンにはつまみが1つしかありません

ツマミを右に回すと点灯します。

さらに右に回すと、明るくなります。

明るさに応じて、暖色から温白色へと色が変化します。

ツマミのMINから1/3は、CANDLEゾーン。ろうそくやオイルランプの炎のイメージです。

灯りが炎のようにゆらぎます

ツマミが1つということは、明るさに合う色味がデザイン済みってこと。

中間の1/3は、NATURALゾーン。

暖色の明かりです、常夜灯にするには明る過ぎ、本を読むには暗すぎる。

でも抜群に良いです。ヒュッゲ(Hygge)の灯りと呼びたいですね。

MAXまでの残りの1/3は、WARM WHITEゾーン、白過ぎない温白色です。

明るさに合う色味をデザインしてるってことですね。

最初の印象

家で使ってみると、暗いと感じました。明るさMAXにしても、すぐ近くでないと本は読めません。

ゆらぎの出るCANDLEゾーンは、本当にキャンドルの明るさです。

しかし手元でゆらぐ明かりに合わせて、シーリングライトを暖色で低輝度にしてみると、これが実にいい感じなんですよ

デンマーク発のヒュッゲを参考にしてみると、日本の家は明るくしすぎているんだなぁと思えるのでした。

この製品は、ザ・ランタンと名乗って、この暗さを提供していることが、なんだか嬉しく思えました。 

外に連れ出す

家の中では最初は暗いと感じましたが、屋外では十分に明るいです(私が暗いのに慣れているのかも)。

夜のはじめに釣りの準備。

富士の残照を見ながらゆっくり準備、車の中でもヒュッゲ!

エンジン止め、ルームライトじゃなくてこのランタンで、静かにゆっくりと万全の準備をしましょう。

バッテリーについて

本体はUSBで充電します、フル充電には6時間かかります。充電中も明かりとして使えます。

MAXで使うとバッテリーは3時間しか持ちません。

説明書を見るとニッケル水素バッテリです、あえてリチウムイオンにしていないんだろうと思いました。

そもそもMAXで使うモノとは思っていないってことですね。

替えのバッテリも販売しているので購入して自分で取り替えます。

LEDの寿命から見ると500回充電のバッテリは消耗品なので、販売するのが正しいですね。

こんな姿勢が、SDGsの「持続可能な消費と生産のパターンを確保する」につながって行くと思います。

私も長く愛用しますよー!

製品パッケージの2重フタの内側には『良い時間をお過ごしください』とのメッセージがあります。

明るさではなく、良い時間を提供するモノなんですね。

皆さんも、良い時間をお過ごしください。

BALMUDA(バルミューダ) ザ・ランタン

あわせて読みたい


Bon-Masu

盆栽を人に教える仕事をしています、家でも庭にいることが多いです。 休日は釣りに登山、気ままにアウトドアを嗜んでいます。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking