SUMA-KIYO

SUMA-KIYO

6

今の季節、登山でもスキーやスノーボードで必要なパンツ。

でもすべてで着回しできるものって案外少ないんですよね……。

その中で見つけた、冬から春にかけてオススメのパンツを紹介します!

どんな靴にも裾がピッタリ

MAMMUT「Eisfeld Guide SO Pants」71,500円(税込)

マムートは、スイスから始まった150年以上の歴史を持つ登山ブランド。

この「エイスフェルドパンツ」は、そのマムートの代表的な冬用パンツなんです。

普通のパンツと違い裾が二重になっていて、内側はマジックテープ、外側はファスナーとボタンで調節可能。

幅の広いスキーやスノーボードのブーツから細身の登山靴まで、どんな靴にでもぴったり裾を合わせることができますよ。

ソフトシェルで汗ムレ知らず

ソフトシェルというのは、通気性のいい撥水素材を使った衣類のこと。

レインウェアのように完全防水ではありません。

北アルプス 西穂高岳 独標(2701m)2月

でもその分通気性に長けていてるので、汗で蒸れることはほとんどなし

北アルプス 西穂高岳(2908m)2月

冬山で雨が降ることは稀なので、レインウェアのような完全防水ではなく、撥水性があり通気性に優れたソフトシェルを僕はメインで使っています。

ベンチレーターで温度調整も◎

太ももの外側には、大きく開くベンチレーターが。

気温が高く暑いときにも、すばやく調節が可能です。

群馬県「万座温泉スキー場」

上半身は脱いだり着たりしやすいですが、下半身の脱ぎ履きってけっこう面倒……。

山では寒暖の差が激しいので、この機能は重宝しています。

破れない安心感

冬山用のパンツってスキーやスノーボードのエッジ、登山靴に付けるアイゼンなどを引っ掛けて破ってしまうことが多々。

このパンツは、膝下の内側にダイニーマというとても丈夫な繊維を使用。

尖ったアイゼンを思っきり引っ掛けてもほぼ無傷なんです。

冬山用のパンツはけっこういい値段がするので、破れたショックは大きい……。

このパンツに替えてからは、そんな心配をせず楽しめるようになりました!

複数ポケットが使いやすい

左右に1つの他に、お尻に1つと、右の太ももに1つ。合計4ヶ所のポケットがついています。

すべてポケットに、もちろんファスナーがついていますし……

太もものポケットは、地図などを入れやすいように幅が大きくなっています。

ポケットティッシュなど細かいものも入れやすいので、これも気に入っているポイントのひとつ!

ウエストの調節もカンタン

マジックテープでウエスト幅の調節ができるので、ベルトなど余計なものを使わなくてもOK。

かなりストレッチの効いた素材なので、自分にピッタリ合わせることができますよ。

サスペンダーも付属しているので、少しなら太ってウエストがキツくなっても大丈夫かも……(笑)。

残念なところ:完全防水ではない

雪に膝を長い時間ついていても、染みてこないぐらいの防水性はあるこのパンツ。

ポケットのファスナーなどは防水加工されていないので、土砂降りの雨には対応できません。

ゲレンデでのスキー程度なら大丈夫ですが、登山で大雨にあうと遭難につながってしまうことも。

念の為、レインウェアのパンツを合わせて携帯することをオススメします。

冬のアクティビティを快適に

ソフトシェルは伸縮性にも長けているので、膝の曲げ伸ばしの多いスキーやスノーボードに最適!

北アルプス 西穂高岳(2908m)2月

生地に厚みもしっかりあるので、厳冬期の高山でも体温をキープしてくれますよ。

冬山登山やウィンタースポーツに挑戦したいと思っている方から慣れ親しんだ方まで、冬のアクティビティを快適にしてくれるパンツ

ぜひチェックしてみてくださいね。

Eisfeld Guide SO Pants[MAMMUT]

あわせて読みたい:


SUMA-KIYO

写真と筋トレが趣味のロッククライマー。 山道具の機能美に取り憑かれている。 こだわりのある「ホンモノ」だけを紹介します。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking