oh!ga

oh!ga

3

最近、持つべき荷物が多くなってきました。

車を持ち、家族を持ち、外に遊びに行くのも車にぱんぱんに荷物を積んででかけています。

そこに待つのはゆったり、快適な外遊び。でも、あれ?ちょっとまてよと。

最初は身軽にバーナーだけでコーヒー飲みに出かけていなかったか? いつの間に準備がメインになっているじゃないか……。

あの頃の初期衝動を取り戻しにいかねば。

ソロに大事なのは持ち運びやすさ

かばんにシェラカップ、粉コーヒーをほおりこみます。読みたい本はiphoneの中に。

あとは炎をみるのに焚き火をしたいんですが、直火はNGなところがほとんどなので焚き火台は必須品なわけで……。

そこで、ソロ用の焚き火台としてfiresafeにしました。

モビリティ(持ち運びやすさ)を最大に考えて、クラウドファンディングによって商品化された逸品です。

ステンレスの土台と、中敷きだけでできていてフラットに折り畳めます。

収納時は大体30cmくらいで薄さが2cmくらい。この薄さはかばんのPCスリーブに入れておけるので、バックパック派には特におすすめですよ。

適度な大きさ

firesafeグリルもセットで販売していますが、純粋に炎を見たいので焚き火台オンリーで使います。

まずは土台を広げて、

中敷きを土台に置くだけで、

ipadがすっぽり収まる大きさに!

フラットにたためるコンパクトな焚き火台は他にもありますが、コンパクトすぎて物足りなくて敬遠してたんですね。

firesafeは2人が十分に囲める焚き火台として十分な感じ。逆にいうと贅沢に一人で焚き火するのに向いています

残念なところ:めちゃめちゃ低い

組んだときの高さがかなり低いので、芝生などに直で置くのは危険かもしれません……

そんなときは薪をかませるなどで高さを稼いだり、下に断熱シートを敷くなど工夫をしてみてください。

いざ、ソロアウトドアへ

高機能なキャンプグッズが軒並みリリースされていますが、たまには最小限の装備で出かけてみると自分のできること、できないことが明確になります。

本当に必要な装備も整理できますしね。

ちなみに、firesafeは、グループキャンプでは煮炊き用の焚き火台とは別に、純粋に炎を楽しむサブ焚き火台として活躍するのでソロでもグループでも使う想定で買いました。

僕、ほんとうに焚き火が好きなんですよね……。

たまには、誰にも気を使わず、自分だけで自然の中に身をおいてみるのも良いもんですよ~

Wolf&Grizzly Fire Safe ウルフアンドグリズリー ファイヤーセーフ

あわせて読みたい:


oh!ga

都内でWebディレクターをするかたわら、けん玉チーム「damassy」の一員としてけん玉普及活動にまい進するアラサー。日々けん玉動画を撮影してyoutubeにアップしたり、動画編集に追われてあっぷあっぷしてたりする。 ■youtube https://www.youtube.com/c/damassy

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking