covacova.

covacova.

20

昨年から本格的に登山を始めたんですが、秋や冬になるとインナーやアウターのチョイスにかなり悩むんですよね。

寒いのは嫌だし、だからと言ってたくさん持っていくと荷物が増えるばかり……。

そこで手に入れたのがpatagoniaの「ナノエア・ライト・ハイブリッド・フーディ」という一着。

とにかく軽い!

patagonia 「メンズ・ナノエア・ライト・ハイブリッド・フーディ BalkanBlue」 28,160円(税込)

重さはわずか329グラムで、一般的なフリースやダウンよりもちょっと軽いくらい。

この軽さの割に保温性もあるため、少しでも荷物を軽くしたい登山やバックカントリーではとっても助かります!

背中に熱がこもらな~い

バックパックを背負ってると熱がこもりやすい背中や脇の部分はワッフルニットのパネルになっていて、汗を素早く吸って発散してくれるんです。

登山中、少々暑くなっても背中側から熱気がス~っと抜けていくのが体感できて感心しました。

インナーでもよし

シェルは思ったほど厚くなく伸縮性もあるので、ダウンのインナーとして着ても動きにくさはありません。

保温性はありながらも絶妙な透湿性を兼ね備えているため、登山時の重ね着における服装選びが今までよりも簡単になった気がします。

気になるところ:サムホールがちぎれないか心配

袖口のすっきりデザインのせいか、サムホールに親指を乱暴に通すと破れそうで気を使います。

一応ストレッチ性があるのである程度伸びてはくれますが、手や指の大きい人は注意した方がいいかもです。

変幻自在なフード

変幻自在に使えるフードもお気に入りポイント。

ネックウォーマー的な感じや、フェイスマスク風にもアレンジができて……。

フルで被れば鼻の下までピッタリフィットしてくれるので、暖かさが逃げなくて快適なんですよね~。

幅広い季節で活躍してくれるpatagoniaの「ナノエア・ライト・ハイブリッド・フーディ」。

登山アイテムとしてひとつ持ってて損はないと思いますよ~!

ナノエア・ライト・ハイブリッド・フーディ[patagonia]

あわせて読みたい:


covacova.

夏生まれのくせに冬が大好きな自由人。山が白く染まってくるとソワソワして、爆弾低気圧や冬将軍という言葉に過敏に反応するアレルギー持ちのため、定期的に雪山で治療が必要です。 最近はファインダーを通して見える世界に引き込まれてしまったため、アレルギー治療と写活のために北の大地への移住を計画中。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking