sato

sato

23

わが家の生活の中心でもあるLDK

ここでよく使うモノは手に取りやすい場所においておきたいけれど、ゴチャっと見えるのはできるだけ避けたいし……。

「しまう」と「取る」「隠す」と「見せる」を、バランスよく叶えるのって意外と難しいですよね。

そんなジレンマを解決するべく、ディノスで見つけた「収納マルチワゴン」を導入してみました。

収納も取り出しも便利なワゴン

HOUSE STYLING「収納マルチワゴン 3段 キャスター付き」15,180円(税込)

いつもはキッチンに置いているけれど、使うのはだいたいダイニングというモノけっこうありませんか。

そんなアイテムたちの収納に、この「収納マルチワゴン」は最適

わが家では、調味料やカトラリーを上段に、コーヒーやお茶セットを中段に、お菓子やグラノーラなどを下段に入れています。

格段におさまるトレイは持ち手付きで、「しまう」も「取る」もかなりスムーズです。

両手で持ちやすく、運んだ先にそのまま置いておけるデザイン。

お盆のように、ワゴンから取り出してそのままテーブルへ、という使い方もできます。

キャスター付きなので移動もラクラク

付属のキャスターを取り付ければ、移動も楽チンに。

今まで調味料やカトラリーはキッチンから運んでいましたが、ワゴンをテーブル下に移動させておくことで、食事中に「あっ、お塩忘れた!」とキッチンに取りに戻ることもなくなりました。

こちらの3段タイプは、幅30×奥行58.5×高さ58.5cmと、一般的な高さのダイニングテーブルの下に収まるサイズ感なのも嬉しいところ。

ちょい置きスペースも確保

天板はフラットになっているので、キッチンのサポートテーブル的な使い方も

例えば冷蔵庫から出した食材をのせておいたりすれば、その分キッチンの調理スペースが広く使えて快適!

ただし水気にはあまり強くない素材なので、カップに入った飲み物など、こぼれる心配のある液体を置くのは避けた方が良さそうです。

リビングでは生活感をなくしてくれるよ

ここまで汎用性が高いと、キッチンやダイニングだけにとどめておくのはもったいない。

この「収納マルチワゴン」は、何かとモノが増えがちなリビングスペースではひと味違う活躍を見せてくれますよ。

リモコンや筆記用具、爪切りなど、よく使うけれど散らかりやすいモノは上段へ。

上段のトレイは深さが4cm(内寸)と浅めなので、雑に入れてもアイテム同士が重ならず、取り出しやすいのも助かりますね。

ちなみに中段にはハンドクリームなどのケアアイテムと、ときどき使う2軍筆記用具、下段には箱ティッシュと分類前の郵便物をバサっと収納してみました。

生活感の元凶をまとめて収納しておけるので、リビングがスッキリとして嬉しい限り。

実用性たっぷりなリバーシブルデザイン

しかも実はこのワゴン背面は雑誌や本を見せながら収納できるラックがついたリバーシブルデザイン

こちら側を前にすれば、細々したモノをたくさん収納しているワゴンだとは思えないほど。

来客時など、少しでも気になる場合はクルッと回転させてあげるだけで安心できます。

ディノスのHOUSE STYLINGって?

1台あるだけで、LDKの収納問題を大幅に解決してくれる「収納マルチワゴン

実は、ディノスが展開する“上質なインテリアのある暮らし”をテーマにした「HOUSE STYLING」のオリジナル商品なんです。

ディノスならではの視点を活かした使い勝手と、シンプルでデザイン性の高いアイテムが他にもたくさん。

収納マルチワゴン」も、こちらの3段の他に2段タイプと4段タイプ、カラーはナチュラルとブラウンが揃っています。

マルチな活躍っぷりが気になった方は、HOUSE STYLINGのWEBサイトをチェックしてみてくださいね。


Sponsored by ディノス

収納マルチワゴン 3段 キャスター付き[HOUSE STYLING]

Photographed by Kaoru Mochida

sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

BACK NUMBER

バックナンバー

記事一覧を見る

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking