haco

haco

9

そろそろ本格的になってくる花粉の季節は、洗濯物を干すのにも気をつかいますね。

室内干しでは乾きも遅く、なんとなく部屋のジメジメも気になります。せっかく外は暖かいのだから、日に当てて干したい! でも花粉がつくから外には出せない……。サンルームでもあればいいのに~。

……というその願いを、ちょこっと気軽に叶えてくれそうなアイテムを見つけましたよ。

部屋の中で一番日当たりのいい場所につけられる!

ベルメゾン 「窓に取り付けできる伸縮簡単室内物干し」 1,100円(税込)

大きな2つの吸盤が付いた、ちょっと変わった形の物干し。

これをどこにどう設置するのかというと……

ベランダの窓ガラスの内側に吸盤で付けるのです。こうすることで、部屋の中に新しく洗濯物干しのスペースが出現。

なるほど! いつも干しているベランダの内側なら日に当たるし、花粉の心配もないわけですね!

スペースに合わせて伸縮できる

4本付いているバーは幅27~53cmまで伸縮可能。最大幅の時は、わが家の小さめサイズのバスタオル(幅55Cm)が干せました

短い状態では、フェイルタオルを干しても余裕があるくらいのサイズになります。

これなら干す場所や量に合わせて調整できますね。

使うときも、使わないときも便利

横の穴やクリップにはハンガーをかけられるので、タオルと一緒に洋服を干すことも。

また、折りたたむと薄くなるなので、使わないときの収納も場所を取りません。

ガラスに付けたままでもたためるので、このまま外さずにおいても大丈夫。

取り付け&取り外しも簡単

窓ガラスにつけるときは、吸盤の真ん中のボタンのようなところをギューっと押せば、中の空気が抜けて、ピタリとくっつきます。

外すときは、つまみ部分を持って軽く引っ張るようにすると空気が入って簡単に外せます。

設置も取り外しも一人で簡単にできるし、力も必要ありませんよ。

残念なところは…

耐荷重は3kgと、あまりに重いもの、たくさんのものはかけられません。

大きなピンチハンガーは、干してみるとバーがしなってしまうのが心配で、干すのをやめました。

また、干している間はカーテンを閉められないので、外から丸見えの場所を避けたり、見えても大丈夫な洗濯物を干すなどの注意は必要になります。

吸盤が付くところならどこでも大活躍

わずかな洗濯物でも、こうして日に当てられるとやっぱり気持ちがいいし、お日様をムダにしていない感じも嬉しいです。

コンパクトでお手頃価格なので、いくつか揃えて数か所の窓に分けて干せば、容量もアップ。

他にも……

浴室の壁にもピタリと付くので、浴室乾燥にも使えるし……

キッチンでふきんを干すのにも便利です。たためるから使わないときに邪魔になりにくいです。

床置きの物干しのように場所もとらず壁や天井に穴を開けることもないので、狭い空間や賃貸などでも気軽に使えますね。

窓に取付けできる伸縮簡単室内物干し[ベルメゾン]

あわせて読みたい:


haco

北欧インテリアが大好き。季節ごとにディスプレイしたり、おしゃれで機能的な収納を考えたりするのが幸せです。ママもこどもも暮らしやすく、普通の日々がもっと楽しくなる収納やインテリア、おうち時間を提案します。整理収納アドバイザー2級、ルームスタイリスト1級。北欧式整理収納プランナー。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking