マツカ

マツカ

1

デジカメたるもの、サッと取り出してパッと使いたい。

巾着やファスナー付きのポーチに入れて持ち運んでいたものの、瞬時に取り出すには開閉にワンクッション挟んでしまうのがネックでした。

でも生身でカバンに入れておくのはさすがに、精密機器なので抵抗がね……。

ジャストフィットなカメラケースだ…

mont-bell「コンパクトカメラケース XL」2,420円(税込)

モンベルの「コンパクトカメラケース」は持ち運びやすく使いやすい、まさにコンデジのための収納ケース。

カメラ専用ポケットとも、カメラカバーともいえる、コンパクトながらピンポイントに要点を押さているケースなのです。

最小限の中に機能が詰まっている

はじめから口が開いた状態なので、カメラの出し入れに開閉の手間なし

それでいてクッション性のある素材が、カメラ本体をしっかり保護してくれます。

ベルトやバックパックに取り付けられるアタッチメント付きで、カバンの外にもセット可能。

アタッチメント自体も取り外しできるので、他の荷物と喧嘩することなくカバンの中に収納しておけます。

フタがなくても安心な秘密

とはいえ、フタなしじゃカメラが落ちてしまわないか心配?

ケースの外側に取り付けられたリーシュコード、これを上部に引っ掛けておくだけで落下防止になるのです。

ひとつひとつのパーツはさり気ないのに、どれもちゃんと機能的なんですよねえ。

残念なところ:サイズは最低限なので

サイズはM・L・XLと3種類あるので、手持ちのカメラに合うサイズを選ぶといいのですが。

おそらくカメラが遊ばないようぴったりサイズに作られているので、どれも少し小さめサイズと想定しておくといいかも。

うちの相棒ことRICOHのGRⅡはグリップ部分がやや大きめのつくりになっているので、XLでも少し飛び出します。

試したくなるガチ手ぶら道

ミニポーチとしても使えるかなあと試みたところ、iPhone8でこれくらいはみ出すので、ここにミニウォレットやカードケースでちょうどいいくらいかも。

ガチ手ぶら派ならこのサイズでも十分なのかもしれない……。

うちではもっぱらGRⅡケース。ヤドカリの貝殻のごとく、コンデジのお家のような存在です。

コンパクトカメラケース XL [mont-bell]

あわせて読みたい:


マツカ

函館生まれ、ときどき写真屋。 お酒のために体づくりを始めました。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking