舟津カナ

舟津カナ

12

健康に気を遣いつつランチ代もセーブするため、最近はお弁当を会社に持って行っている筆者。

けれどランチボックスが入るちょうどいい大きさの、使いやすいバッグがないのが悩みでした……。

コンパクトだけど水筒とお弁当箱がちょうどよく入って、肩掛けもできるようなもの……そんな理想のミニトートバッグを、パタゴニアで発見

日常使いにぴったりなパタゴニアのミニトート

Patagonia(パタゴニア) 「ミニ・トート」 2,200円(税込)

多くのアウトドアギア商品を展開する「パタゴニア」は、どちらかというとアウトドア玄人向けブランドのイメージがありますが、実は日常使いにも便利なモノも多く販売しています。

そのひとつが、この「ミニ・トートバック」。

持ち手が長く肩に掛けることができ、マチも広いため中身が傾かずぴったり入っちゃう、絶妙に“ちょうどいい”バッグなんです。

持ちやすさの秘密は、持ち手の長さにアリ

なんといっても持ち手がちょうどよい長さのこのバッグ。

お弁当を入れるバッグはマチが広くても持ち手が短く、持ち運びにくいことが多いのですが、この「ミニ・トート」なら……

手で持つことはもちろん、肩に掛けるにもちょうどいい長さなんです。

ランチボックス入れにぴったり

底のマチが13.2センチあり、端が三角になっています。ですので、モノが入れやすく、大きめのランチボックスと水筒を入れてもすっぽり。

平日の会社のランチボックス入れとしてはもちろん……

高さもあるので、週末のピクニックには家族分の2つのランチボックスと水筒も入るたっぷりサイズです。

丈夫な素材で長く使えそう

素材はオーガニックコットンのキャンバス地でとっても丈夫。

汚れたら洗濯機で洗うことも可能。ただし、コットンは洗濯するとしわになりやすく縮みやすいので、手洗いのほうがよさそうです。

持ち手は頑丈に補強されているので、多少重いモノを入れても安心です。補強部分にはさりげなくロゴカラーのステッチがあり、なんともキュート!

小さいけどちゃんと内ポケットつき

「ミニ」ですがちゃんと内側にポケットがあり、スマートフォンがすっぽり入って便利ですよ。

ランチボックスとしてだけでなく、ちょっと買い物に行ったり、ヨガやジムに行くときのバックとしてもちょうどよい大きさ。

筆者が持っているのは、パタゴニアロゴのフィッツロイ山がバーン!と描かれているものですが、このほかにもさまざまなイラストのモノが販売されています。

1年中使える素材で飽きがこないシンプルなカタチなので、男女問わずいつでもどこでも重宝しそう。これから長い付き合いになりそうなバッグです。

ミニ・トート[パタゴニア]

あわせて読みたい:


舟津カナ

ライター・ロケーションコーディネーター。旅行会社・編集プロダクションを経て、現在はアメリカLAを拠点に世界を飛び回る。山ガールというより山女。トゲトゲした山を見ると登りたくなる。形がかわいいという理由だけでパタパタする布張りのジープラングラーを購入。只今、かわカッコいい車へカスタマイズ中。ビールとオーガニックコスメをこよなく愛するアラフォー。

feature

たくさんの荷物を持たず、構えず、身軽に爽やかにタウンを歩く。そんなイージーなライフスタイルをご紹介。さぁ「ミニマリスト」から「ミガリスト」へ!

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking