林 美由紀

林 美由紀

洗濯物をするときに、小物やデリケートな衣類は洗濯ネットに入れてから洗いますよね。

でも洗濯物をカゴからいちいち分類して、ネットに入れるのが面倒くさい!

それなら、これを使うと良さそうですよ。

洗濯物をそのまま洗える、洗濯カゴ兼ネット

Image: Amazon.co.jp

レック(LEC)の「そのまま洗える 洗濯カゴ(M)」は洗濯カゴとして使えるうえに、洗濯ネットにもなるというアイテム。ドラム式洗濯機にも使用可能です。

厚手のクッションネットになっていて、洗濯カゴとして置いているときは自立

洗濯物がたまったら、ファスナーを閉じて、そのまま洗濯機へ放り込むだけです。衣類を包み込んで衝撃から保護し、糸くずの付着から防いでくれるとのこと。

また、ファスナーカバーがついているので、洗濯中にファスナーが洗濯機やほかの洗濯物を傷つけてしまう心配もなさそう。

ネットに入れる衣類の目安

Image: Amazon.co.jp

サイズは、37cm×18cm×26cmです。ブラウスなら3枚、キャミソールなら6枚、靴下やタイツなら4足入れるのにちょうどいい大きさですね。

ネットの2/3くらいにとどめるのが、綺麗に洗い上げるコツなのだとか。

洗い終わったら、そのまま持ち運べる

スナップボタン付きの取っ手がついているので、洗濯が終わったら、楽に持ち運べます

また、洗濯カゴとして使うときも、取っ手をラックやポールなどにかければ、ぶら下げられて床のスペースを占有しませんね。

これ1つで、洗濯物をためておけて、そのまま洗濯機で洗えて、スムーズに干せる。

洗濯にかかる手間も時間もグッと減りそうですね。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

レック そのまま洗える 洗濯カゴ M [Amazon]

林 美由紀

FMラジオ放送局、IT系での仕事人生活を経て、フリーランスモノ書き。好きなものは、クラゲ、ジュゴン、宇宙、絵本、コドモ、ヘンテコなもの。座右の銘は「明日地球がなくなるかもしれないから、今すぐ食べる」。モノを書く以外にも、イラストレーターと合同でカフェでの作品展示など、形にとらわれない創作活動も。木漏れ日の下で読書と昼寝をする生活と絵本に携わることを夢見て、日々生きています。子は男の子2人。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking