hanano*

hanano*

2

かさばる冬のコート、おうちのどこに収納していますか?

仕事用に遊び用にと、冬はなにかとアウターが増えてしまうもの……。

わが家ではコート掛けが渋滞して、置き場に困ってしまっていました。

壁を使って収納効率アップ!

株式会社アサヒ シナ合板(無塗装)有孔ボード 5.5mm 6Φ-30P 915mm×1,825mm 2,580円(税別)

ライフスタイルに合わせて変化しやすいように、収納スペースをあえて少なくしているわが家。

それでもこの時期のかさばるコート問題に悩まされ、壁を収納に有効活用しようと思い立ちました。

実践したのは壁一面に有孔ボードを設置すること。少し大がかかりなので、お試し用にまず2枚。

今回は915mm×1,825mmと、玄関の扉がすっぽり隠れてしまうほど大型の無塗装のシナ合板を注文。壁の石膏ボードにドリルで穴をあけて取り付けます。

有孔ボードの穴は、6mmサイズのものが30mmピッチで空いているタイプに。

コートやリュックなど大きなものを設置する予定なので、ピッチを広めにしました。

ざっくり1時間程で設営完了

今回は有孔ボードのサイズが大きいので、設営は大人ふたりでざっくり1時間程度

設置方法を、大きく4つの工程に分けて説明します。

⓵仮置き

まず、設置したい場所に有孔ボードを仮置き

今回は、コートの脱ぎ着がすぐできるように、玄関から続く廊下の壁に設置します。

⓶部品をセット

有孔ボード取付金物 500円(税別)

壁に打ち込む部品は、5つで1セット。

四隅と縦中央をとめるので、有孔ボード1枚につき、6箇所固定していきます。

部品をセットして……

⓷ドリルで打ち込む!

ひとりがボードを支えて、もう一人が電動ドリルで打ち込みます。

壁に穴をあける緊張感……。

できました!

ボードと壁の間は、フックが設置できるように隙間が空くようになっています。

⓸カバーをつけたら完成

最後にネジを隠すカバーでクルクル覆うと、見た目も綺麗。

2人でやれば意外とすぐで、1時間弱で2枚分の設営ができました。

フックの取り付けも簡単!

株式会社八幡ねじ 有孔ボード フック6種セット P30【スタンダード】フック 穴あきボード パンチングボード 4,720円(税込)

快適に収納するため、別売りのフックを取り寄せてみました。様々な種類があるフックですが、今回はセット品を購入。

購入した有孔ボードのピッチや穴の大きさによってフックのサイズが変わってくるので、ボードを購入する際に一緒に確認するのがオススメです。

このフックを有孔ボードの穴に差し込み、ひっかけると、収納スペースに早変わり

写真をかざったり、玄関でつかいそうなハサミを収納することもできそうで、ワクワクします。

フックにコートをかけて快適に

有孔ボードの設置で、玄関がこんなにすっきり

玄関でコートや帽子を脱げるようになり、帰宅後も出かけるときもスムーズで楽チンになりましたよ。

コートやカバン、帽子も、部屋のあちこちに散らかることなく収納できます。

残念なところ:壁のどこに石膏ボードがあるかわからない…

実は、ドライバーで打ち込んでもネジが入りきらない箇所が複数あり、無駄に穴を開けてしまうことに……。

壁紙の上からでは、どこに石膏ボードがあるのか分からなかったことが原因です。

金具の位置が少しちぐはぐしましたが、開けてしまった穴はボードに隠れるのでひとまずは安心。

有孔ボードライフでより快適に

壁面の有孔ボードは、未収納時もすっきり。普段はインテリアになじんでくれるので、収納したいときだけ活用するのでも問題ありません。

広いスペースを確保しなくても、気軽にサクッとつくれる有孔ボードの壁面収納。自宅の壁を自由にDIYできる方は、ぜひチャレンジしてみては?

※【編集部よりお詫びと訂正〔2020年2月4日〕】:記事初出時、商品のサイズと料金について一部誤った記載がございましたので修正致しました。申し訳ございませんでした。(2020年2月4日)

シナ合板(無塗装)有孔ボード 5.5mm 6Φ-30P 915mm×1,825mm [株式会社アサヒ]
有孔ボード フック6種セット P30【スタンダード】フック 穴あきボード パンチングボード [株式会社八幡ねじ]
有孔ボード取付金物 AS-P[株式会社アサヒ]

あわせて読みたい:


hanano*

週末にはワーゲンバスでキャンプへ。2歳児と夫とビストロのようにキャンプ飯を楽しみます。きっと今週末もファミリーキャンプでリトリート中。コーヒーとキャンドルが好き。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking