haco

haco

44

性別年齢を問わず、幅広い世代に人気のワークマン

「なんで今、そんなに人気なの? そんなにいいの?」という素朴な疑問とともに、初めてワークマンプラスの店舗に行ってみました。

まずは見てみないことにはね!なんて、店舗を見て歩いていたら……

機能的なのにお手頃価格な撥水リュック

ワークマン フィールドコア撥水デイバッグ(リュック)1,900円(税込)

こちら、容量約20リットルの「フィールドコア撥水デイバッグ」。

お弁当、水筒、パソコン(ケースに入れた状態)、モバイルバッテリーや手帳などを含む、割と多めの荷物が……

しっかり入って、まだ余裕があるくらいの大容量のリュックです。

使いやすい工夫も

大容量とはいえ、ただ荷物がたくさん入るだけでなく、出し入れのしやすさ、背負ったときの疲れにくさもバッチリ。

肩ベルトの裏と腰部分に厚手のクッションが入っているので、荷物が多くなっても体への負担が軽く済みます。

大きく開くので荷物も入れやすいですよ。

たくさん入れてもごちゃつかない

大容量のかばんほど、荷物をたくさん入れるとモノが迷子になりがちですが、こちらは内側に4つの小さな内ポケットつき

小分けにされたポケットがあると、鍵やスマホ、ICカードなどが迷子にならず助かります。

また、外側には大きなポケットがひとつ。こちらはA4サイズのクリアファイルが入る大きさです。

折れては困る紙類なども、これならキレイに持ち運べますね。

撥水加工で雨の日も安心

このバックパック最大の特長は撥水加工が施されていること。

水をはじくので、雨の日もしみこみにくく中の荷物を守れます。

さらには止水ファスナーで水が入らないのもうれしい!

内側から見ると縫い目部分までカバーされているという徹底ぶりです。

小雨程度の水であれば中にはしみこまず、すぐに拭けばファスナー部分も無事でした。

傘のしずくがちょうどあたってしまうリュックでも、これなら安心ですね。

少し残念ですが…

どしゃ降り状態ではどうだろう?と、水をかけ続けたら、さすがに中に水が入ってしまいました。

弾かれた水がファスナーを開けた瞬間に入ってしまった可能性もありますが、どちらにしてもどしゃ降りのときには注意が必要ですね。

使いやすい工夫が詰め込まれているのにお手頃価格

さらにこのリュック、夜道を歩く人にはうれしいおまけ付き。

2か所にリフレクターがついているので、暗い道でも光が反射するんです。

細かな工夫と配慮がされていて機能的なのに、お値段が良心的というのがワークマンの人気の秘密かもしれませんね。

つい衝動買いしてしまった撥水リュック。結果、とても満足したので、他のアイテムも気になってきました。気付いたらワークマンのリピーターになっていそうです。

フィールドコア撥水デイバッグ[ワークマン]

あわせて読みたい:


haco

北欧インテリアが大好き。季節ごとにディスプレイしたり、おしゃれで機能的な収納を考えたりするのが幸せです。ママもこどもも暮らしやすく、普通の日々がもっと楽しくなる収納やインテリア、おうち時間を提案します。整理収納アドバイザー2級、ルームスタイリスト1級。北欧式整理収納プランナー。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking