きむ(ら)

きむ(ら)

19

先日ケーキにロウソクを立てて、「さぁ火をつけよう」となったときに気付いたんです。

我が家にライターがないことに……

そこでどんなライターを買おうか色々と探していたところ、ユニークなライターを見つけてしまいました。

火を使わずに火をつける

Power Practical 「Sparker Mini(スパーカー ミニ)」 4,048円(税込)

どこがユニークなのかと言いますと、実はライターなのに火が出ないんです。

このライターは「アーク放電」という現象を利用したプラズマライターで、電流によって火を付けられるという仕組みなんですね。

放電中は紫色の電流が「サーッ」という音を上げながらクロスに走るので、男心をくすぐられます!

火を使っていないので、強めの風が吹いていても問題なく使えますよ。

ガスの代わりにバッテリーを充電

一般的なライターだとある程度使っているとガスがなくなってくるので、補充する必要があります。

しかしこのライターは電気を使って火を付けるアイテム。

ガスの補充の代わりに、本体に内蔵されたバッテリーを充電してあげれば何度でも使えるんです。

Androidのスマホなどにもよく使われているmicro USBで充電できるので、外出先でバッテリーが切れてしまってもモバイルバッテリーを持っていれば気軽に充電できます。

なおバッテリー容量は300mAhで、1時間程で充電が完了するところも嬉しい。

本体のサイズはZippoライターと同じくらいで、ポケットに入れても気にならない大きさです。

気になるところ:子どもの手の届くところに置くのは危険かも…

Zippoや一般的なライターの場合、万が一子どもが触っても簡単に火が付いてしまうケースは少ないと思います。(もちろん注意は必要ですが)

しかしこのライターの場合はボタンを押すだけで簡単に使えてしまうため、小さい子どもがいる場合には十分に注意が必要です。

セーフティーロックのような機能が付いていると安心なんですが、管理を徹底する必要がありますね。

3回連続で押せばLEDライトとしても

アウトドアで使うタイミングでは暗いシーンもあるかと思います。

そんなときにも助かるのが、底の部分に付いているLEDライト

オレンジ色のボタンを3回連続で押せば簡易懐中電灯のように使えます!

ちなみにこの3回連続というのがポイント。バッグの中に入れておいたらいつの間にかライトが点いていた……なんて悲しい出来事を防ぐことができるんです。

人が集まったときにサッと使えば注目を集めるだけでなく、強風が吹いていてもサッと火をつけることができるこのライター。

家の外だけではなく、家の中でも持っていると便利なアイテムでした!

Sparker Mini[Power Practical]

あわせて読みたい:


きむ(ら)

ICT企業に勤めるサラリーマン 兼 2歳児&0歳児(共に娘)の父親 兼 けん玉チーム「damassy」のメンバー。 趣味は旅行とカメラとけん玉。

feature

外でしか使わないのは、もったいない…! アウトドアグッズを部屋で使うライフスタイルをご紹介します。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking