マツザキ チアキ

25

ダウンや分厚いコートは、汗っかきな私にとっては天敵だ……と思い込み、真冬に打ち勝つ本格的なアウターを持っていなかった私。

中にたくさん重ね着をして何とか冬を乗り越えていたのですが、いい加減一着くらいは持っておきたいと心境に変化が。

せっかくなら、アウトドアブランドがつくる丈夫なガチアウターを長く着続けたい!

そんな思いに押され、ようやくこの1着を手に入れました。

プルオーバータイプのダウン

Snow Peak 「FR Down Pullover」 Brown 1size(women’s) 46,000円(税抜)

私が選んだのは、スノーピークから2019秋冬に販売されたプルオーバータイプのダウン

ダウンではあまり見ることがなかったデザインに惹かれ、悩みに悩んだ末ようやく購入に踏み切りました。

サイズは1size(women’s)・S(men’s)・M(men’s)・L(men’s)・XL(men’s)の4展開152㎝の私は一番小さい1size(women’s)をチョイス

Sサイズを着用してみたらダルマのようになってしまったので、サイズ選びは慎重にしたほうがよさそうです。

ダウンってとても暖かいんですね…

購入するまで店頭で何度も試着をしていたのですが、着用するたびに汗をかいてしまうくらいの暖かさなんです。

ダウンの品質を示す際の指標のひとつであるフィルパワー(FP)は、550FPが一般的な数値とのことですが、こちらはなんと800FP

品質に優れたダウンのおかげで、抜群の保温力を発揮してくれるわけですね……。

このプルオーバーを着るときはヒートテックを着てはいけないと学びました。

大きなポケットが特徴

見た目の特徴としてよくわかるのが、この大きなポケット

ドラえもんのようなフロントのポケットに加え、両サイドにも1つずつ付いています。

その大きさは、前身ごろから始まり、後身ごろに到達しているほど。

縦21cm×横12.3cmのタブレットを入れてみました

ノートPCは入りませんが、タブレットならすっぽり入りました

キャンプの夜にタブレットで映画を見たりするのにもぴったりで嬉しい。

ポケットの中は裏起毛になっていてとても暖かいのですが、その保温性ゆえに、手を突っ込むとすぐ手汗をかいてしまいます。

最近気づいたんですが、中央ポケットにウォームポケットがついていたんです。

こちらも裏地は裏起毛。手を突っ込むのにちょうどいいポジションなので、立ち止まるたびについ手を入れてしまします。

多少の雨でもへこたれない防水性

表地には、建設現場でも使用されるくらい丈夫で軽量なアラミド繊維を織り込んだ生地を使用。

撥水性に優れるので、雨の日にこのプルオーバーを着て外出すると、ちゃんと雨粒を弾いてくれて感動!

傘をさすのがヘタクソな私でも、アウターが湿って気持ち悪い……と思うこともなくなりました。

プルオーバーなのでサッと着脱はできない

一般的なダウンジャケットと大きく違うのは、やはり着脱のスピードでしょうか。

自分好みなデザインだから購入したプルオーバータイプですが、脱ぐときはモゾモゾしてしまいますし、着るときは髪が必ず引っ掛かります。

私はそれを承知のうえで購入したのですが、室内と外を頻繁に行き来する人だとストレスになってしまうかも……。

合わせやすい色合い

カラーバリエーションは、ブラック・ブラウン・カーキの3色展開。

少し変わった形だから何を合わせるか悩むな~なんて思っていましたが、毎日着てみるとどんなアイテムにも合わせやすいことに気がつきました。

残りの冬もこのプルオーバーさえあれば、私はどんな強風でも、どんな冷風でも打ち勝てる気がします。

FR Down Pullover [スノーピーク]

あわせて読みたい:


マツザキ チアキ

ROOMIE編集アシスタント|大阪から来ました|服と食とお笑い(漫才)とライブとフェスと瀬戸内海の島がだいすきです。はやく島に移住したいです。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking