sato

sato

9

冬至も過ぎ、年も明けました。

これからどんどん日が長くなるのですが、実はいちばん寒い気がする1月2月……

こんなときはアウトドアスペックな防寒アイテムを日常に取り入れるが勝ちだな、と思います。

メリノウール&膝下丈の最強スペック

patagonia 「ヘビーウェイト・メリノ・パフォーマンス・ニーレングス・ソックス」 4,180円(税込)

特に重視したい足もとの防寒には、頼りになるpatagoniaの靴下を履いています。

ジャガードっぽい柄とつま先のロゴがおしゃれな靴下は、メリノウールとナイロンの混紡素材

優れた保温性とウールなのにチクチクしない肌触りのよさで、さむ〜い日の朝についつい手にとってしまうんです。

膝下までのロング丈も頼もしい〜!

寒い時期のローカットスニーカーの難点を解決

スニーカーとパンツのすき間、ここから風が入って寒いんですよね……

なのでどうしても足首まで暖かいブーツを履きがちだったのですが、この靴下を履いたらローカットスニーカーでも外出しやすくなりました。

ちなみにデニムの中は厚手のレギンスに靴下を重ねています。

靴下の名前に「ヘビーウェイト」と付いていますが、一般的な厚手の靴下と同じくらいの感覚です。

スニーカーがキツいということもなく、問題なく履けました。

スキーも想定したアウトドアスペック

そして商品名に付いている「パフォーマンス」というワード。

これは本格的なアウトドアシーンでの使用を想定したものに付けられているのだとか。

patagoniaの靴下には「デイリー」と付くものもあり、こちらが普段使いを想定したものになっていると店員さんが教えてくれました。

非常に寒がりな私はとにかく暖かい靴下が欲しかったので、本格仕様の証である「パフォーマンス」に惹かれてコレにしました。

心地よくフィットする秘密は…

履いてみると実感するのが、締め付けのない絶妙なフィット感

裏返してみると、パーツごとに細かく編み方を変えていることがわかります。

ただ暖かいだけではなく、長時間履いていても快適なフィット感を保つにはアウトドアブランドならではのこだわりがありました。

足裏部分は厚手で柔らかく、クッション性もしっかり。

逆に甲の部分は足裏と比べて薄く、伸縮性と通気性のある編み方になっています。

土踏まずはメッシュ状の編みで蒸れを防いでくれます。

残念なところ:ちょっと高価

お値段は税込で4,180円。靴下としてはかなり高額の部類に入ります……

でも手持ちの靴下の中ではいちばん暖かく、履き心地も抜群。

洗濯した後もヘタらないので、長く愛用できると思えばそれほど高い買い物ではない気もします。

まずは足もとを守ろう

寒い時期はニットやアウターを厚手にしたりマフラーを巻いたりと、上半身をモコモコにしがち

しかし足もとが暖かいと、意外と上半身はそこまで着込まなくても出歩けてしまうものだったりします。

アウトドアスペックの“普段よりちょっといい靴下”を1足は持っておくと、気温が低い日も快適に過ごせますよ。

ヘビーウェイト・メリノ・パフォーマンス・ニーレングス・ソックス [patagonia]

あわせて読みたい:


sato

ライター/コピーライター。広告制作会社と化粧品メーカー宣伝制作部を経てフリーランス。2ヶ月間旅に出てみたり、2泊3日で山に登ってみたり、家ソトも大好きだけど、いちばんのお気に入りスポットは我が家のソファーの上。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking