むく太郎

32

収納に大活躍な折りたたみのコンテナボックス。

コンパクトになるし使い勝手もいいんだけど、荷物を入れると運ぶのが困難になるほど重くなることってありますよね。

どうせなら、そのまま移動にも使えるものないかな?と探してみたら、キャンパー御用達のFIELDOORからこんなアイテムが出てました。

折りたたみできるキャリー付きコンテナ

FIELDOOR「折りたたみキャリーカート」3,480円(税込)

こちらの「折りたたみキャリーカート」は、荷物が増えがちなキャンパーはもちろん、ショッピングなどの普段づかいでも大いに活躍するスグレモノ。

組み立て方法も分かりやすく、1台あるとなにかと重宝しますよ!

組立も工具不要のわずか10秒

組み立ては工具不要でスイスイ

本体側面のロックを外し、かご部分を開ききって、底板を倒せばあっという間です。

使用できるまでにわずか10秒というリズム感のよさ。

各面を開くだけで、誰でもカンタンに組み立てることができます。

組み立て時のサイ(外寸)はW44cm×D38cm×H40cm。コンテナとして荷物をしっかり収納できるサイズ感です。

ハンドル付きがありがたい!

本体上部に設置されたハンドルを使うことで、キャリーとして使うことも可能

「PUSH」ボタンを押しながら、ハンドルのレバーを上に引き上げるだけの簡単操作でストレスもありません。

タイヤ付きで移動時もラクラク

アウトドアでの使用はもちろん、ちょっとした運搬作業にも活躍してくれます。

耐荷重は35kgまで対応してくれるので、ボールなどのスポーツ用具入れにも対応。

2Lサイズのペットボトルが縦に12本キレイに並ぶというのも、ストック用のケースとしてぴったりです。

フタもあるとさらに使い勝手が拡がります

別売りになりますが、こちらのコンテナには専用のフタをつけることも可能です。

はめ込み式でロックされるので、ちょっとしたテーブルよりも安定した使い勝手を発揮します。

なおさら、アウトドアには必要不可欠なアイテムってわけ!

収納時は、こんなすき間にも

ワンタッチで折りたたんでしまえば、奥行き44cmの本体がわずか9cmに

全くスペースを取らずに収納できるのもこのアイテムの大きな魅力です。予備でもう1台置いていくのもよさそう。

残念なところ:衝撃には弱い作り

この折りたたみキャリーの残念なところは、軽いつくりがゆえに耐久性が若干低いこと

持ち運びの際にぶつけたり、落下などの衝撃で壊れてしまう可能性があるので、取り扱いは少し慎重になったほうがいいかも。

3,000円台というリーズナブルさも魅力

なんとも使い勝手のいい「折りたたみキャリーカート」。

1台あれば、荷物の運搬が楽になるどころかそのまま収納、そしてプラスアルファでテーブルにも変身します。

さまざまシーンで使えるのに、これがお値段3,000円台って信じられます?

折りたたみキャリーカート[FIELDOOR]

あわせて読みたい:


妻が一軒家でパン屋を開業することをきっかけにDIYを始め、次第にのめり込む。 工具の持ち方も知らない状態から、ハンドメイド家具の販売、店舗改装、什器製作、メディアでの執筆やTV番組の制作協力も行う。 2019年から、登山やキャンプなどアウトドアフィールドでの活動も拡大。 「自作のアウトドアギアでキャンプをもっと楽しく」が最近のテーマ。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking