Qurumu

ライフハッカー[日本版]より転載

お風呂掃除をサボるとすぐ現れる「赤カビ」。

ピンク色でヌメッとしていて、なんとなく臭うあのイヤ~な汚れの正体は、「ロドトルラ」という酵母菌の一種と「メチロバクテリウム」という細菌の一種なのだそうです。浴室の多湿な環境を好み、皮脂やアカ、石けんカスなどを食べながら、ものすごい速さで増殖します。

洗い流してきれいになったように見えても、またすぐ生えてくる困りものです。さらに、赤カビを放っておくとその上に黒カビまで生えてきてしまうので、油断できません。

Image: Amazon.co.jp

そんな厄介な赤カビを除去する方法は、とにかく赤カビの栄養源である皮脂や石けんカスをこまめに洗い流し、浴室を乾燥させること。

とはいえ、わかってはいても毎日キッチリとはいかないもの。そこで、ワザありお風呂掃除グッズで効率よくお掃除してしまいましょう。

水だけで赤カビを落とせる3WAYブラシ

Image: Amazon.co.jp

大ヒットシリーズ「激落ちくん」を手がけているレックは、以前ご紹介した天井も床も掃除できる伸縮ブラシのように、お風呂掃除のアイテムにも力を入れています。

今回ご紹介する「激落ち 赤カビくん 3WAY 親子ブラシ」は、「親ブラシ」に着脱可能な「子ブラシ」がついており、3つのブラシを使いわけてお掃除することができます。

状況にあわせてブラシを変えて、すみずみの汚れに対応

Image: Amazon.co.jp

床や壁には「親ブラシ」が有効。サイズは21cm×7cm×10cmと大きめなので、広い面積でも効率よく汚れを落とせますね。

また、毛が硬くてしっかりしているので、あまり力を入れてゴシゴシする必要もなさそう。それに、凹凸のある床の溝にも毛束が入り込んで、しっかり赤カビを掻き出してくれるとのこと。

落としにくいパッキンの赤カビにも有効

Image: Amazon.co.jp

ドアレール、パッキンやタイルの目地などの細かい部分には「子ブラシ」を取り外して、先端の斜めカットブラシを使います。

毛先がカーブしているうえに長めなので、使い古しの歯ブラシなどでは届かないパッキンの隙間にもぴったりフィット。これなら、ガシガシ汚れを落とせますね。

バス小物もキレイに

また、排水口などには「子ブラシ」の後方についているポイント用ブラシが便利。細かいところにも毛先がグイグイ入り込むとのことで、ほかのブラシでは届かないところでも助かりそう。

小さなお子さんがいらっしゃる方は、お風呂用のおもちゃを使っていらっしゃることでしょう。こういったおもちゃも雑菌やカビが気になりますが、キレイに磨けそうですね。

立てて収納するから衛生的

「親ブラシ」と「子ブラシ」を合体すると立てられるので、水切れがよく衛生的です。また、3種類のブラシがひとつにまとまっているので、収納もコンパクト。しかも、Amazonのレビューによるとタフでへたらないとのことで、長く使えそうです。1つあるだけで、大活躍してくれそうですね!

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

スポンジ+ブラシの合理的なカタチ

Image: Amazon.co.jp

もう1つ、お風呂掃除のパワフルな助っ人がこちら、アズマ工業の「お風呂床用グリップ付きスポンジブラシ」。

Image: Amazon.co.jp

スポンジとブラシのいいとこどりなアイテムで、スポンジの下に長さ約5mmの「ツンツンブラシ」がついています

ブラシでは表面に細かい傷がついてしまうし、スポンジでは摩擦力が足りないし…と諦めていた汚れも、これなら落とせそう。

お風呂のでこぼこに適した長さのブラシ

Image: Amazon.co.jp

浴室の速乾床に合わせた長さのブラシになっているので、床の凸凹にブラシが入り込み、こびりついた水アカや赤カビを効果的に掻き出すとのこと。タイルの目地の掃除にも威力を発揮してくれそうですね。

均等に力をかけられて、広い面積の汚れを落とす

Image: Amazon.co.jp

また、しっかり均等に力が加わるグリップタイプなので、さほど力を入れなくてもガシガシ汚れを落とせそう。

サイズは約9.8cm×6.7cm×16.2cm。面が広く使えるので、浴室の床の隅から隅まできっちりお掃除できますね。

気になっていた磨りガラスに使うのもアリ

Image: Amazon.co.jp

また、Amazonのレビューによれば、浴室のドアに使われている細かい凸凹のついた磨りガラスの汚れにも効果テキメンなんだそう。

お掃除は面倒ですが、サボっていると赤カビはどんどん繁殖してしまいます。便利なアイテムを使って、赤カビも原因となる汚れも一掃してしまいましょう。

なお、以下の表示価格は執筆現在のもの。変更の可能性もありますので、販売ページをご確認ください。

Source: Amazon.co.jp (1, 2

Reference: 一般社団法人日本家政学会研究発表要旨集

山田ちとら

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking