haco

haco

5

新しい年を迎え、今年こそは部屋の片付けを頑張ろう!と目標を立てた方も少なくないのでは?

とはいえ、忙しい毎日を送っていると片付けてもすぐに散らかってしまうのが正直なところですよね。

そこで、まずは小さな場所の『片付く仕組みづくり』から始めてみませんか。

キレイな部屋に一歩近づける、IKEAの収納ボックス

IKEA 「ドラガン伸長式ボックス」 1,999円(税込)

今回、収納のポイントと共にご紹介したいのは、IKEAの竹製のボックスです。

サイズを変えられる

一見普通のボックスですが、最大の特徴は幅が変えられるということ。

こちらが縮めている状態の時。(幅が35cm)

左右に引くと、最大で幅が51cmまで伸びます。

片側だけ伸ばすことも可能ですし、無段階で伸ばせるので、微調整も可能です。

金具を付けるとさらに便利

付属のネジでステンレスの金具を付けることもできます。

付けた場合のメリットは……

持ち運びやすく、左右に引き出しやすい。

そして……

引き出しの中で引っ掛けて使うこともできます。

一段増えた分、収納力もアップ

幅に合わせてこんな微調整も可能。

細かいものは入れづらかった深い引き出しの使い勝手もアップ間違いなしです。

他の収納ボックスと組み合わせて使うのもよさそうですね。

片付かない! お悩み別、使い方の例

散らかりがちな文房具類

使った後、筆記用具入れに戻すのが面倒で、ついテーブルの上に置きっぱなしになる文房具。

そんな文房具たちには、こんなふうに上から見てすぐにわかる収納方法がおススメ。

こうして出しっぱなしにして“ワンアクションで戻せる”のが無理なく片付けられるポイントです。

出しっぱなしでもゴチャゴチャ感があまりないボックスなので、インテリアにこだわりたい人にこそおススメなんです。

無印や100均のモノトーンの文房具などと組み合わせると、さらにスッキリ感が増しますよ。

よく使うなら、こんなふうにローテーブルの下に入れておいても。

使う時はボックスごと出して、使ったらまたボックスに戻してそのままテーブルの下へ。

“近くに収納場所がある”と片づけやすくなりますよ。

帰宅後あちこちに散乱するアクセサリー類

帰宅後、つい散らかしてしまうという人には、お出かけグッズ一時置き場を作ることをおススメします。

仕切りがあるから、アクセサリーや時計などの小さなものも分けて収納できるんです。

こうしておけば、お出かけ前の忘れ物や探す時間のロスもなくなりそう。

モノの量によって、ボックスのサイズも変えらるのが便利。

メイク道具の収納

朝のメイクでバタバタして鏡周りが散らかる……という人は、メイク道具置き場を見直してみては?

ポーチの中や深すぎる箱よりも、こうしてパッと上から見えるボックスに入れた方が、断然探しやすいですね。

片付けも上からポンッと入れて戻すだけだから、簡単にスッキリ!

このまま棚にしまっておくこともできるし……

出しっぱなしだってOKです。

キッチンのこまごましたモノの収納

キッチンでは、輪ゴムやクリップ類などこまごましたモノの出し入れが面倒。

そんな人は、ここにまとめてみるとスッキリ!

よく使うものは、“出し入れを楽にする”のも片付くポイントです。

ちなみに、小さな引き出しに入れる時は、取っ手を外した方が入れやすいです。

残念な点は…

様々な用途で活躍してくれる便利な伸縮式ボックス。

ひとつだけ、間仕切り部分も自由に動かせたら、もっと使い勝手がよくなるのに……という点だけが残念です。

キレイへの第一歩におススメの理由

サイズを変えられたり、引き出しに引っ掛けられたりと、それだけでも優秀な「ドラガン伸長式ボックス」。

そんな機能的なボックスですが、見た目がシンプルでナチュラルなおかげで、すぐに取り出せるような見えるところに置けたり、出しっぱなしにもできるところが嬉しいです。

モノを見つけやすく、出しやすく、元に戻しやすくなるので、『簡単に片付く仕組みづくり』にピッタリ!

新しい一年が始まったこのタイミングで、小さな場所から『片付く仕組みづくり』を始めてみませんか? 一か所だけでも片付くと達成感も味わえて、きっともっと片付けが楽しくなりますよ。

ドラガン伸長式ボックス[IKEA]

あわせて読みたい:


haco

北欧インテリアが大好き。季節ごとにディスプレイしたり、おしゃれで機能的な収納を考えたりするのが幸せです。ママもこどもも暮らしやすく、普通の日々がもっと楽しくなる収納やインテリア、おうち時間を提案します。整理収納アドバイザー2級、ルームスタイリスト1級。北欧式整理収納プランナー。

feature

ROOMIEスタッフにとって、自らの定番スタイルを形作ってくれるアイテムや、自分たちの暮らしをこれから変えてくれそうなアイテムをご紹介していきます。

あわせて読みたい

powered by cxense

Ranking